今では色んな所で見かけるラーメン屋さん「大勝軒」。その生みの親である、山岸一雄のドキュメンタリー映画です。
10年以上前から、取材を続け、マスターが店に登板していた時から店ごと引退するまでの彼の姿を綴っています。
マスターがいる時はすごい行列になるのは、彼の人柄の良さが売りの一つだからなんでしょうね。
マスターはこの映画が公開された2年後の2015年に亡くなってしまいましたが、弟子たちが魂を引き継いで店はどんどん拡大を進めています。
【ぐっと来たポイント】
途中、マスターがライセンス料を取らないのをいいことに、「大勝軒」を名乗る店が無尽蔵に増えつつある、というシーンがあり、そこで千葉と茨城に何店舗もチェーン店「大勝軒」を構え、年商5億を誇るオーナーがいました。そのオーナーはマスターのもとで修行を行ったのはわずか3ヶ月間。「僕はずるいですから」といいながら、儲かることを考えて「お客様に満足行くだけ食べてもらいたい」という思いで麺を山盛りにしていた本店のスタイルを踏襲していないチェーン店が映しだされました。しかし終盤でマスターが引退後のシーンがあり、マスターは元々経営していた大勝軒を取り壊して作った52階建て(=亡き妻・二三子さんの年齢)のマンションに住んで晩年を過ごしていました。その家賃を払っていたのは「僕はずるいですから」と言っていたあのオーナーだったのです。
以前から「平沢進」という人は知っていたが、なかなか彼の曲を聞く機会がなかった。ある日「平沢進の曲を使ってる映画は神」という2chスレッド?を目にし、調べたところ「パプリカ」という映画がヒット。あらすじを見ると、「夢に干渉できる装置”DC mini"にまつわるあれこれ」といったようなストーリーで、「夢に入り込める」要素の時点で興味津々である。まよわず視聴。

序盤に映画のOPとして彼の曲「白虎野の娘」がながれ、プログレ感を感じながら映画に飲み込まれていった。
さらに`DC miniの乱用によって夢と現実の区別がつかなくなってしまい、トランス状態で街を闊歩する場面`に流れるBGM「パレード」も狂気に満ちていて頭がおかしくなりそうになり、なかなか良かった。

曲の話ばっかになってしまったが、BGMのプログレ感も助けて画の雰囲気も始終シュール・幻想的であり、SFや非現実を感じたい人にはおすすめの映画だと思っている。

... 続きを読む
 Wikipediaに 『キック・アス』 あなたが戦わない理由は? :映画のブログ
僕のアンテナに反応してこの映画を見てみようとなった。
あらすじをざっくりと説明すると、ジョンレノンみたいな高校生が、ヒーローを夢見てコスプレして街を歩いていると、ガチモン(ヒットガール&ビッグダディ←バッドマン)の殺戮活動に巻き込まれる、という感じだ。ストーリーはしっかりしているし、ところどころにおもしろ要素も散りばめられていてバランスが良い。とりわけ
なんと言ってもこのBGM!一度は聞いたことあるはず?!
こんな楽しくなるような曲が鳴りながら人をぶっ殺してゆくさまはまさにピカレスク・ロマン

今ならGyaoで期間限定配信中だから、気になった人はすぐにチェックだ
... 続きを読む
私の愛車のクラッチはめちゃ重い。何とか軽くする方法はないのか?とサーチしていると、クラッチのシリンダー径を広げることらしい。
そのようなカスタム部品はないかと思って探していたところ、シリンダー径を10%広げたレリーズシリンダーを発見。購入した。
みんから等でレビューを見ていると、「見違えるように軽くなった!」などとオーバーに評価されているものだから、ちょっと期待しながら交換を行ったのである。
交換作業はかなり大変でした。シリンダーの隣にセルモータがあり、メガネレンチでないとボルトにアクセスできない。首振り式を持っていなかったので、30度回しては持ち替え、を何十回も行ってようやく取り外せた。
しかし、取り外すときよりも取り付ける方がかなり大変だった。シリンダーを縮めた状態で取り付けなければならないのだから。
部品取出しはシリンダーとパイプが合体した状態で取り出したのだが、購入した部品はシリンダーの部分しかない。securedownload.jpg (図:取り出した部品。シリンダー部のみ。)
だから、シリンダーとパイプを外さなければならないのだが、普通のレンチだと工具を入れる隙間がないのでスパナで回そうとするもかたく締まっており舐め。レンチの一部分が欠けておるフレアナットレンチを購入。1980円也。
取り付け後は、エア抜きをするのだが、ブレーキとは違い最初踏んだら戻ってこないので手で戻してあげる。何回かやっていくうちに足で踏んで戻ってくるようになる。なるほど、確かに軽くなっているかも。(私は鈍感なのでいわれたら気づくレベルだと感じた。)
あとはシリンダー交換の際抜けた分のクラッチフルードを補充するわけだが、フルードがポンプで回っているわけではないので、エンジンかけてもクラッチの固さは変わらないのだなあ。
最後に、クラッチのふみしろを調整する必要がある。こちらのページ参照。なお、6mのスパナなんてなかったからこちらもホームセンターに買いに行ったさ。
結局、交換の際いろいろ必要な工具(ロングメガネレンチ、フレアナットレンチ、6mスパナ、フルード類)などを買ってしまって、部品代のほかに10000万円近くかかってしまったかも・・・お店でやってもらった方が安上がり?

あのパンツマンがキレた…

パンツマンとは?

ニコニコ動画の料理カテゴリの帝王と呼ばれている。人のいいおっちゃん。10年近く料理動画(たまに旅動画も)をアップし続けている。

ぼくはわだへー教授の店に行ってみた 。という動画を発見してからパンツマンの虜になり、以来定期的に動画のアップをチェックしている。たまに料理の参考にさせてもらったり、就寝前に観て「明日はこんなご飯食べたいなあ」と思いながら床についたりしているんだ。
そして先週、「パンツマン×青い空」で料理番組をクリスマス集の夜に放送するというアナウンスが!
異色のコラボ、パンツマンファンとしてなんとしても見たい
しかし当日は用事が有り生で見ることはできなかった。後日VTRがアップされるだろうと思って、次の日何気なくネットサーフィンした。
するとパンツマンのこんなツイートが。
何があったのだろう?気になって思わず「パンツマン」でネット検索すると、naverでまとめられている始末。https://matome.naver.jp/odai/2151405933767994301
そこにはパンツマンが切れる様子のVTRが貼られていた。


要するにこういうことだ

ゲストとして招聘された「ニューヨーク」という芸人が、始終パンツマンをディスりまくったせいで、はじめは面白い返答を返していたパンツマンも遂に堪忍袋の緒が切れてしまったわけだ。

思ったことを口走ってしまう竹を割った性格の持ち主であるパンツマンが切れてしまうのは、相当ストレスが溜まっていたのだろう。あの切れるシーンで芸人が状況に気づいてすぐに謝ったのであれば丸く?収まったのかもしれないけど(少なくとも最低限の礼節)、人があんなに怒っているのに更に揚げ足を取っている。人の気持ちを察することができるというのは、芸人の必須テクなんじゃなかったのか?と思う。
そもそもぼくは予告編を聞いて、きょうの料理みたくパンツマンと青い空が二人並んで一緒に料理を作るのかと思っていた。限られた予算で見栄を貼るんじゃなくて視聴者が望んでいるありのままの姿、±0の状態を提供するかつてのニコニコ動画の良きところはどこへ行ってしまったのだろうか。

翌日、レストランで人参を見た。今日も昼食に人参が出た。あのシーンを思い出す。100%おいしくご飯を食べられなくなった。あの番組を見て胸糞悪くなっただけではない。軽いPTSDまで発症してしまっているのだ。
(ここから嘘)
僕はこれから、ニコニコ動画と吉本興業を訴えるつもりだ。それほどまでに不満・不信が募っている。しかし個人vs企業というところを考えると、一人ひとりの力は小さい。そこで同じ気持ちになっている人の力を借りて、数で勝負したい。署名を集めて戦おうと思っている。パンツマンファンの皆、そしてパンツマンよ。このまま引き下がれるか。ともに闘おうではないか。
... 続きを読む