先週、かぐらにサマースキーに行きました。
自分の板を持っていなかったので、板を借りました(HARTのPISLAB用の板、バルシップ。)。
かぐらは、ウイングヒルズと同じPISLABというマットが敷いてあります。以前ウイングヒルズに行ったときは、マットが古くてエッジが全然立たず、エッジを研いでも2~3回ですぐずれずれになってしまったことを覚えていますが、かぐらのマットは新しかったのでエッジを研がなくても最後まで雪上のような気分を楽しめました。
しかし、コブのコースで調子にのって転んでしまいました・・・雪上とは違って地面が固いから痛い!(^-^;
1回目は右肘を、2回目は左肘を痛めるという左右対称なコーディネートになり、まさにスキーヤーの鑑となる転び方をしたのでした
昨日、県内のスキー場に行きました。
もう今シーズンは後は消化試合的にするスキーですが(自分の道具がもうないので^^;)、、、シーズン終わりにもなって気づいたことがあるのでいくつか書かせていただきます
  • まず、雪が少ないにもかかわらずこぶがありました。ですが浅めのイージーなこぶだったのでモーグル競技のように直線的に滑りました。しかしいまいちスピードが出ません。なぜか。直線的に滑るとスピードこんとロールだけで精一杯なのでしょう。衝撃を抑え込むのだけに集中してしまっている。モーグル競技のようにスピーディーに滑り降りていくには、抑え込むだけでなく、足を伸ばしていくところでスキーの板を押さえつける能動的な運動が必要なのだと思いました。
  • 斜面があれてくると、滑るのが難しくなってきます。特に大回りは、自分の悪いくせを発見するチャンスです。ぼくは足を長く見せるためになるべく足を外側に出して滑ろうと心がけているのですが、そうするといつも内足に体重がかかり、外足の圧が軽くなってしまってよくバランスを崩します。足を外側に出してか手向けても外足を踏んで一本の長い軸を意識したいです。
  • また、小回りは、板全体を使ってあげるような感覚で丁寧に滑ると、うまく滑れます。大回りにもいえることですが、ターンの導入は先落し(トップを谷側に向ける)、ターンの仕上げはスキッディング(テールを外側に降ってあげる運動)が基本となるらしいです。先落しは腰が内側に入ってしまっているとできないので、ターンの導入で早く腰が回らないように意識しています。
以上のことを踏まえて何とか形にしていきたいと思っています。

今シーズンのスキーの記事をまだ1つもかいていなかったのですが,私のスキーシーズンはもう終了してしまいました、、、、!!

しかたがないので今シーズンのスキーを全部まとめて書きたいと思います。一つ一つ振り返ることは出来ないかも
そうそう、今年は雪が少なかったね・・・なかなか一張羅のスキー板をはく機会がなかったです。だから、今年は春スキー用のボロい板を一番使っていました

初滑りは11月下旬に,完全人工雪のゲレンデで行いました。したがってコース幅が10メートルもなくて大回りは出来なかったです

その後,志賀高原に2回行きました。1回目は12月中旬に熊の湯に行ったのですが,雪不足で初心者コースしかオープンしておらず,もどかしい思いをしました。2回目も例年は高天原のこぶを滑りまくるのですが,ブッシュがでまくりで滑れず、、、

年明けにはakakanに行きました。ここでようやく大会用のスキーをおろしました。一応全コースオープンしてましたが2~3本滑ったら土がどんどん出てきました

その次は研究が忙しく,1ヶ月以上滑っていなかったなあ。スキーインストラクターとして志賀高原に行きました。生徒はスキーはおろか雪すら知らない九州の高校生。板を吐くのに5分もかかっていたのに3日間でシュテムターンまで出来るようになったのはすごい感動した。そして生徒がすごく素直ですごくいい子。「俺とリフト一緒に乗りたい人~?」と言って誰も手をあげないところをつっこんで笑いをとるつもりだったのに,「はーい」と全員手をあげました。大学生と全然違うなあと思いました。こんなやりがいのある仕事ならただでもやりたいと思いました笑

その次は技術選に出ました。練習も満足にしていませんでしたが,今の実力なら決戦に出れるでしょ!と思っていたのですが,今年のレベルが高いのか,私が成長していないのかどうなのかといったところなのですが,予選落ちしてしまいました・・・はじめて「スキーよく分からん!」って思ったと思います。

その後はずぅっと白馬にいました。スキーパトロールの仕事です。朝コースチェックをし,時々巡回をしながら施設やゲレンデの整備を行い,けが人が出れば出動し,最終で見回りをする。つまり日中の作業やけが人がなければずうっとハウスの中でお菓子を食っているだけです。おかげで痩せないわけだ・・・^_^;
職場の人は全員キャラが濃くて,毎日がデンジャラスでした。

以上滑走日数を計上すると32日となりました。アレ?山篭りしなかった2年前と同じだ・・・意外と少ない
研究が忙しくてスキーに行く機会がなかなかなかったのでしょうね、でも気持ちはやりきりました。4月からは社会人として気持ちを切り替えていきたいと思います!
... 続きを読む
今年は雪が少ない・・・・もしかしたら将来雪がなくなっちゃうかも!?
それじゃあスキー出来ないじゃん!!困る!!!
しかしもしそうなってしまったら、その場で足踏みをしているだけではどうにもなりません。
そこで、「雪以外の上で、雪と同じような感覚でスキーをするには?」ということを考えてみました。

砂と雪ってさらさらしてるし、似ていますよね。もしかして砂でスキー出来るんじゃね?と思い、
調べてみると、ありました

砂の上をボードで滑っている映像です!名付けてサンド(sand)スキー(ski)!
ちなみに動画は鳥取砂丘で行われたイベントですが、サンドスキー場(!?)はないの?と思ったら、ありました(笑)。

全長45mの短いスキー場ですが、リフト券はいらないそうですよ(リフトがないからね笑)! だから、自分で板を持って来たらタダでスキーができます。夏にどうしてもスキーがしたくなったら是非!
... 続きを読む
2015.09.24 ザウス
昔、東京(か千葉)にザウスというスキー場がありました。
「ちょっとまってー?スキー場って寒い地域に作るんじゃないの?」ちがうんです、このスキー場「屋内スキー」なんです!
他の室内スキーよりも比べ物にならないほどしかも広い!初滑りとかすべり納めのシーズンのスキー場並に滑れます
写真をみてもらえれば分かると思います。
屋内スキーなので,夏でももちろん滑ります。
たしか、6歳の頃の夏に行きました。夏なのに厚着して,人工雪の上を滑りました。夏でも温度はマイナス3度に保たれていました。
おぼろげながら楽しかった記憶が残っています。だって夏なのに雪の上を滑れるんですから。またいきたいなあ。。。とっくの昔につぶれて跡形もなくなってしまいましたが。

まあ、今後はこんなスキー場は新しくできないでしょうな。今の社会の雰囲気的に