20170617プロクルーズ@宝台樹_170618_0006
20170617プロクルーズ@宝台樹_170618_0363
一緒に行った人に写真をとってもらいました!嬉しいです

先日、スキー場の駐車場でジムカーナをしました。
サーキットは死にそうな思いでやっているのですが、ジムカーナなら周りに障害物はないし、1台ずつ走るのでそんなに危険じゃない。私にはちょうどいいかなと(思って参加しました)。だから車に思いっきり無茶させてやりました。限界を知れる良い機会になりました。
ジムカーナは決められたルート・順番にしたがってパイロンを通過してゆきます。そのタイムを競う競技です。
最初完熟歩行と言ってそのルート通りに歩行してコースを覚えるという時間がありました。スキーで言うところのインスペクションですね。スキーは下から迫ってくるゲートに対して右、左、右、・・・とやっていけばよいのですが、車はまずどのパイロンを目指せばよいのか覚えないといけないし、単純に通過するだけでなくパイロンの周りを1回転するところもあります。だからここはきちんとやらないといけません。と経験者に言われました。なので歩いて3周しました
それで、いざ走ろうという時間になって、前の人がスタートしたのですが、あれだけ歩いて覚えたはずだったコースなのに、頭の中が真っ白になってしまい「あれ?まずどこを目指すんだっけ?」という状態に陥ってしまいました また、3連パイロンのスラロームでハンドルさばきがへなちょこで、3つ目のパイロンをキック!してしまいました💦あれは触るとペナルティになるそうです。スキーとは違いますね!😁
しかしその後も蹴飛ばす癖は治らず、僕が走るタイミングになるたびにスタッフのかたがパイロンを直しに走るという、申し訳ない構図になってしまいまいした あとは最初、「フルスロットル+フルハンドルでなんとか曲がるだろ!」という考えでゴリ押しプレイをしたため、アンダー出まくりで全く曲がりませんでした。後半は、ABSを切り、曲がるときにうまくブレーキを使ってケツを出してあげることで体勢を直すようにしていきました。(ABSは関係ないかもしれん^^;)
あとはヘアピンカーブでサイドターンを決めたくて、闇雲にサイドブレーキを引いていたのですが、キーキー言うだけで全然止まりません。クラッチを切らないと意味がないことを知り、フットブレーキ+クラッチ→サイドブレーキ→ハンドリングでうまく決まるかと思ったのですが、なかなかうまく行きませんでした。これは何回も練習を重ねないとダメなのでしょうね。
先に書いた様に1台ずつトライアルするので、何回も走行できるわけではありませんでした。イベントは1日じゅうあったのですが、せいぜい20回(サーキットで言うと1ヒート分)もできなかったと思います。でもその分ガソリンの減りは穏やかであった🌇。しかし、タイヤはサーキットよりも消費したと思う。おかげで会場はタイヤの焼ける匂いが絶えなかった💩
Secret

TrackBackURL
→http://satomasato.blog.fc2.com/tb.php/452-150e6d41