2017.04.29 サス交換
以前から、低速時左リアからコトコトと音が鳴っていて、気になるのでサスペンションを交換することにした。純正→純正ではつまらないので、BLITZ ZZ-Rという社外品のサスペンションを購入。音消しが目的なので、そんなに高スペックのものではなく、マウントもピロボールではなくゴムを使用したものの中からチョイスした。
取り外しの際、ディスクとストラットとつないでいるボルトを緩めるのがとにかく大変だった。手持ちの工具ではびくともしないので、ホームセンターで売っている超ロングめがねレンチを購入した。しかしナットが止まっているところの隙間が狭く、工具を入れるのも一苦労。最初、「入らない!買ってきた意味なかったか!」と焦ってしまった。やっと入ったはいいが緩めるにしてもこれまたかなり力を入れないと厳しく、脚をプルプル、額から汗がドバっと流れるくらいの馬鹿力で必死になって取り外した。
車高を下げることが第一の目的ではないため、最初はサスペンション全体の長さを純正と同じにして車体にセットした。車をおろしてみると、なんと純正よりも車高が上がっている!そうか、車高調にしたことによってばねが固いものになり、リフトアップ時に純正と同じ長さにしてしまうと純正よりも沈み込みが少ないため、車高が上がってしまうのか。そして当初から5cmほど下げて取り付けた結果、純正と同じ高さまで下げることができた。
乗り心地はというと、現在は異音は発生していない。しかし異音が解消されたかどうかは、高速走ってみてから様々な状況含めて判断したいところだ。
P.S.交換してから2ヶ月経つが、かつて異音がなっていたことを忘れるくらい快適だ。
Secret

TrackBackURL
→http://satomasato.blog.fc2.com/tb.php/446-bc1ddc53