上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
メルカリで現金を出品していることが問題になっている。
それに関して、私が聞きかじった情報をもとにコメントしたいと思う。

ある日食堂で飯を食べていたら、同僚Bが、私Aに、「銀行の暗証番号を忘れてお金をおろせなくなったので土日くいしのぐためにお金を貸してくれ」というので、貸した(もちろん後で戻ってきたが)。1万円とややヘビーな額だったためか、それを皮切りにしばらくお金の話題になった。
私より年下だけれども同期のCが、「最近現金をそれ以上の値でオークションに出してる人がいるらしいですよ」という。それに対してBが「なんでそんなことする人いるん?買う人いるの?買った人損するだけじゃん」と発言。私は金券ショップの要領かと思い、「あそれ知ってる(大嘘)。何かのキャンペーンでメルカリとかのポイントためた人が換金したくて買うやつじゃない?」と言った。すると「なんでも、いつもクレカ払いと化してて財布に現金がなくて、でもすぐに現金がほしいって人が買うらしいですよー。引きこもりの人が買うんじゃないんですかね?(笑)Bさんもそれで乗り切ったらいかがですか?(笑)」とC。この時点では私の発言が一番正しいと思っていた。
後日、私はニュースで、メルカリで厳禁出品していることが問題になっているという内容の特集を目にした。この間話したアレだ!と感じた。興味があったのでしばらく見ていると、
「オークションサイトで現金を購入するメリットとして、税金計算上収入という扱いにならない。また、キャッシングで現金が手に入る。」
というのだ。つまり、税金の問題、金欠など、何らかの理由で現金を手に入れられない人たちが、オークションというサービスを通じて、キャッシングなどの支払いにより購入し即座に現金を手に入れることができているという訳だ。なるほど、ではCの言い分が最も正しかったわけか。それ以前に糞田舎群馬なのに、こんな身近に問題となっていることに触れることができたのが驚きだ。
Secret

TrackBackURL
→http://satomasato.blog.fc2.com/tb.php/445-3e0a6f86
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。