上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2016.10.26 おすし
昨日は給料日だった。
僕の会社は、給料日は定時になる(まあ大体どこの会社もそうだと思うけど)。
お金も入ったし、早く帰れるしなので、同期とお寿司屋さんにいくことにした。もちろん回らない鮨だ(←こう書くことによって僕が普段回転寿司にしかいかないことがバレてしまう)。
「よし今日は気にせずじゃんじゃん食べるぞ!」そう意気込んで店内に入った。
店内はお客さんが一人、BGMもなくものしずかであった。
4人で来たので座敷に上がった(本当はカウンターで大将に直接鮨をオーダーしたいところであったが、4人横並びは気まずい)。
座敷は個室で、テーブルを囲む形で座った。まるで今にもバトル(?)が始まってしまいそうだ。
とりあえずビールと、寿司1人前を頼むことにした。
まずサービスで玉子がついてきた。それをビールとともにちびちび食っていると、鮨が届いた。マグロ、ウに、いくら、ハタ、鯛、アナゴの順に並んでいた。左から順に食べた。
マグロ、とろけた。海栗、とろけた。いくら、普通。鰰・鯛、歯ごたえがある。アナゴ、柔らかい
もうそんな感じで、あっという間に食べてしまった。きちんと味わったのだけれど、口の中で自然に溶けてしまう。
その次は、かんぴょうとマグロの軍艦が来た。味は普通だった
最後──これはサービスかな?──ステーキの鮨が来た──とおもったら、マグロの炙りだった──口の中で溶けた──だって匂いも肉の匂いがしたから──まちがえた
これで一人前は終了だ。物足りないからもうちょっと頼もうかなー?と思ったのだけれど、さすがは本格的寿司屋、今旬で自信のあるものしか仕入れない。よってあまりネタが豊富じゃない
だから最後はししゃもの南蛮漬を食べることにした。
これでお会計4000円強だった。まあ程々に贅沢できたかな?という感じ。
(実は昼、インドカレー屋さんに行ってナンをおかわりして腹一杯になったため、晩ご飯あまり食べられなかったというのは内緒
Secret

TrackBackURL
→http://satomasato.blog.fc2.com/tb.php/425-42943c76
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。