2015.12.16 16むさし
小学生頃のある日、じいちゃんちに行ったら「まさと、16むさしやるか?」っていわれた。
なにそれ?!そう思っているとおじいちゃんは碁石とダイヤモンドと四角が合わさったようなマスを書いた紙を持ってきた。
それで、枡目の交点の上に碁石を置き始めた。白石が一つ,そのまわりに黒石を並べました(逆だったかも)。
ルールは、黒石をマスの栓にそって移動させて白石を動けなくさせたら勝ち。しかし、白石は隣の黒石を排除することができる。黒石が少なくなる前に,白石を囲えということだ。
http://www.asahi-net.or.jp/~rp9h-tkhs/dg_jurokumu.htm

ぼくは数がいっぱいある黒石を選んだ。おじいちゃは巧みに白石を操っていき、黒石はあっという間に減って行った。
じいちゃんちには今でも年に何度も行くが,見たこともないゲームを教えてもらったので,このことはよく覚えている!
Secret

TrackBackURL
→http://satomasato.blog.fc2.com/tb.php/378-17024727