elanの板選んだ ぼくのなつやすみ



今日ブックオフに立ち寄ったら,PS3版の僕の夏休みがあったので購入致しました。
ぼくなつシリーズはクソゲーだと思っています。いい意味で。
クソゲーだからこそムキになってやる必要がなく,のんびりリラックスしながらプレイすることができます。

ぼくなつに出会ったのは,中学生のときでした。友達の家に遊びに行ったら,PSPのカセットが転がっていて,僕が,
「これなに?」と友達に訊くと,
「ああ,それクソゲー。借り手っていいよ」と言われたので,つまんなそうだけどタダだしやってみるかということになりました。

ゲームの内容は,1970~1980年の田舎が舞台となっており,都会暮らしの「ボクくん」が親戚のうちに居候して一ヶ月をすごすとなっております。ただそれだけなのですが,その田舎暮らしのなかになんとなく羨ましさを感じてしまいます。実際僕ん家周辺も田舎ですが,ゲームの中にある田舎だからこそファンタシーを引き立てるのではないでしょうか。

過去の記事で3はクソだみたいなこと書いてありますけど,せっかく購入したのでマイペースですこしずつやっていこうと思います。
Secret

TrackBackURL
→http://satomasato.blog.fc2.com/tb.php/354-3544aa59