2015.06.08 性善説
ガキのころ、ニュースで殺人事件とか強盗とかしょっちゅうやってるのを見て,
「外には悪い人いっぱいいるんだな・・・」と思っていた。
学校が終わり一人で帰ることがあると,そこの家の角からいきなり人が出てきて刺してくるんじゃないか,後ろから忍び寄られて刺されるんじゃないかと怯えていた笑
だから、クリアリングしたり,後ろに誰かいないか時々後ろを振り返ったり、T字路で直進するとき道路が交差する方でない側を通ったりしていた(^^;
とくに怖いのが風呂上りの時で,風呂場の手前の部屋を真っ暗にしてから風呂に入ると,風呂から上がるときその部屋に知らぬ間に誰かいるんじゃないかと思ってなかなか困った

ある日そんなことを親に話す機会があった(^^;
そうすると、父親が「
まさと、たしかにニュースで物騒な事ばっかテレビに映ってると,悪い人が多いんじゃないかって思うかもしれない。
でもいいことしたって普通はテレビには映らないんだよ
『このおじさんは、駅で困っている人に道を教えてあげました!』なんていちいち放送しないだろ?そんなこと日本中でしょっちゅう起こっているんだから。悪い人よりいい人の方が圧倒的に多い。
社会の7~8割はめっちゃいい人だな、
約2割が普通の人,
残りはちょっと変わってるって人。人殺したりするのはこの中のごく一部だよ


と言ってたのを覚えている。
実際,今の僕は周りは基本的にはいい人であふれているんだなって感じています。
ちなみに今でも道を歩いていると時々後ろを振り返ることがある。
それは自分が鼻歌を歌いながら歩いているので,もし誰かに聞かれたら恥ずかしいからだ////
今では僕が変な人になってしまったf^^;
Secret

TrackBackURL
→http://satomasato.blog.fc2.com/tb.php/344-a90511b3