もうこの季節岩岳は雪が腐り始めている。
大会はこの様なコンディションで例年行われる。自分のすべりができない人が多いのでは?しかしうまい人はこんな滑りにくい状況でもヘッチャラーであろう。
僕は小回りが滑りにくいと思った。悪雪ではある程度自分で足を回す必要がある。あとスピードが出ないので普段どおりに滑るとスピードの違和感からバランスを崩しやすい。自分で回すといっても、無理やり回すのではなく、ある程度待ってから落ち着いてスキー操作をする必要があると思った。
あと、この様な状況での大回りは落差をとってとにかく速く、大きく見せる必要があるということだ。谷回りをできるだけ長くとり、山回りはなるべく速く縦に抜ける。
Secret

TrackBackURL
→http://satomasato.blog.fc2.com/tb.php/321-592da5a9