昨日に引き続きよませ2日目です。
午後昨日ほど気温が下がらずクラスト化しませんでした。
気持ちよく滑れたのですが、斜面状況が悪い中で滑ったときが自分の"実力"なので、明日は不整地やこぶを積極的に滑りたいとおもいます。

スキーを思ったとおりに滑らせるには、重心移動が大切、もちろんポジショニングが大切ですが、ポジショニングは左右前後上下の順に重要になります。
ターンは左右の重心移動・エッジングによって行いますが、体がどちらにも傾いておらず、スキーのエッジもまったく立っていない状態(ニュートラルポジション)を、ターンとターンの間に取り入れるようにしましょう。スキーがフラットの状態が一番早く滑れるので、この状態を長く撮りつづけるとスピードが出ます。
あとは”俺流”?スキー用語を紹介します^^;

【スキッディングターン】
ターン前半谷回りで板の向きをターンする向きよりも先行させ横に滑らせてターンする。ターンしながら減速したい時に使う。そののち板の向きと進行方向が合わさってくるので、そこでエッジを立てカービングターンすると原則要素が目立たない。カービングターンと対になるもの。

【ノッキング】
板の剛性が弱かったり、ポジショニングが悪かったりして、ハイスピードで滑走すると板(のトップ)がバシバシと振動すること。

【タレる】
モータースポーツから派生した用語で、山回りでカービングターンをしようとしたときにポジショニングやエッジングなどが悪くて板が横ずれし、本来の軌道から外側に膨らむこと。

多分俺しか使ってないので他の人に意味が伝わらない^^;
Secret

TrackBackURL
→http://satomasato.blog.fc2.com/tb.php/319-98ae0667