上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2015.01.31 サーバを構築
じぶんが普段使っているパソコンをサーバにしました。もともとOSがクライアント用の(7PRO)なのでサーバにしても普通のPCとしても使っています。インターネットで調べるとOSはCentOSをつかっているらひとが多いです。僕はIISを使いました。
覚書としてどういう手順でサーバにしたか書いておきます。そのまえに
サーバとは
皆さんが普段インターネットをしているとき、「このウェブページのデータはどこから取ってきているのだろう」と思ったことはありませんか?その、ウェブページのデータが入っているものが、サーバです。
オンラインゲームとかやると、複数のプレイヤー同士が通信を行いますが、通信の処理をプレイヤーのパソコンだけで行っているのではありません。(クライアントPCと比べ物にならないくらい)超ハイスペックなサーバPCが計算して、その結果【データ】を、それぞれのプレイヤーのPCに送っているのです。何千人も同時にアクセスするところだったらスペック高くないとですよね!サーバPCは、普通のクライアントPCとちがって、
  • 常にアクセスできるように常時稼働
  • サーバPCを直接操作することは(少)ない。したがって
  • マウスやキーボードなどの入力装置、モニタやスピーカーなどの出力装置は必要ない
  • 広告がつかない
という特徴があります。だから、OSもそれに適したサーバ用OSというのもあります。(ubuntuやWindowsServerなど。先述のCentOSはもともとクライアント用とサーバ用OSの区分はないが、OSをインストールした後でサーバ用のソフトや設定をインストールする。)
上記以外にも、・メールサーバ ・FTP ・ファイル共有 などの機能をサーバPCにつけることができます。

はい、ということでわからない人のためにわかりやすく説明したつもりです。もし間違っているところあればぜひ指摘ください。
では普通のクライアントPCをサーバにする手順を書きます。
  1. まずIISをインストールする。コントロールパネルの「プログラムのアンインストール」をクリック、「Windows昨日の有効化または無効化」を選んでインターネットインフォメーションサービスの項を有効にしておく
  2. DDNSを取得する(NO-IPなど)。ドメイン名がもらえる。(taro.junior.comのようなもの)
  3. ディレクトリC:\inetpub\webrootにファイルを置くと、ウェブとして公開されるようになっている。index.htmlを作っておく
  4. インターネットインフォメーションサービス(IIS)マネージャーを開き、左側の枠の”パソコンの名前”をクリック、「ウェブ」をクリックし、「Default Web Site」を右クリックして「バインドの編集」を選ぶ。
  5. 「追加」をクリックし、ホスト名は2でもらったtaro.junior.com,ポート番号はHTTPをあらわす80,IPアドレスは指定なし(すべて)を選んで追加する。
  6. cmdを起動して、ipconfigで自分のPCのIPアドレスをしらべる。
  7. ルータを使っている場合、ポート転送設定で6で調べたIPアドレス、ポート80番を有効化する。
  8. ルータによってはヘアピンNATが云々カンヌンで、C:\Windows\System32\Drivers\etc\hostsをいじる必要あるかも。
  9. http://taro.junior.com/でC:\inetpub\webroot\index.htmlが表示されるか確かめる。
これで、設定したパソコンがサーバになりました。一応すべて無料でできます(ハードは別)
自分でサーバを設けると、以下のメリット・デメリットがあります
メリット
  • レンタルサーバとかは要領に制限あるが、容量無制限(に近い)。自分のパソコンの容量の限り使えます。
  • 設定すれば、CGIやASP.NET,SQLなどが勝手に使える
  • アドレスがかっこいい(http://rentalserver.jp/taroみたいなかんじにならない。)
デメリット
  • パソコンを起動させておかないとアクセスできない(考えてみれば当たり前だけど)
  • 高度な(重たい)処理をサーバに要求するウェブページ・ネットワークサービスを作成する場合は、それ相応のパソコンのスペックが求められる
ウェブサービスを充実させるならもっと性能の良いPCを使って常時起動させておかなければらないのですが、そんなお金ないし…
だから、僕のウェブページは僕が起きている間だけアクセスできます(笑)
なお、セキュリティに関してはしりません。これで大丈夫かな…(^-^; よって、この記事では僕のウェブページのURLは紹介しておりません。(探そうと思えばすぐ見つかるけど)
※ちなみに、http://taro.junior.comは僕のページではありません。例として適当に書いただけです。
Secret

TrackBackURL
→http://satomasato.blog.fc2.com/tb.php/316-cc30e302
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。