DSC_0133.jpg
1/5~7まで、岩岳にいました.
3月頭に学生大会が開催されるスキー場で、下見に行ってきた感じです笑
某大学が団体戦の練習をしていました.
雪質、コンディションはともに最悪(3日目はよかった)で、岩岳は滑りにくいなーとおもいました.
それから、正面バーンで年末の地震により雪崩が起きたようです。
さて、今回のスキーで学んだのは「4スタンス理論」です。
詳しくは上のリンクをクリックしてください。↑↑
ぼくはA2らしいです。。。^^;一般的にスポーツは器用なクロスタイプ(A1、B2)が有利ですが、スキーは素直に体を動かせるパラレルタイプ(A2、B1)が有利らしいです。
体幹の種類によって、様々な行動が変わってきます(コップの持ち方や性格など)
したがって、スキーにおいても,その体幹の種類にあった練習方法や滑走方法があるわけです。
だから、ポジションが後ろだ(B1、B2)からと言って無理やり前に矯正させたり、ストックの握り方(コップの持ち方)を指導しても無駄、ということになります。ですから、「ターン中は外足に力をいれろ」だとか、「ストックは小指に力をいれろ」というのは、みんなが当てはまるわけではありません。プロスキーヤーでも、スタンスやポジションのとり方は人によって様々です。その人が一番やりやすい方法でやっていることと、他の人がやりやすい方法でやっていることは違うわけです。
スキー(スポーツ全般)を教わるときは、同じ種類の人に教えてもらうと、上達もスムーズですよ!!
Secret

TrackBackURL
→http://satomasato.blog.fc2.com/tb.php/308-e6d08736