2014.12.31 年末スキー
今シーズンfacebookにもアップしているのでブログの方はちょっとおろそかになるかも・・・
年末は志賀高原で合宿があり、、今回で
今シーズン初のこぶをいただきました!
いきなり一の瀬上部の難しいコブを滑ったのですが、何とかうまく滑れました。しかし2回目は途中でコースアウト…3回目以降も同じ感じで、どうやら成功率は50%くらいです。ナンジャソレ
転ばないようにするには、自分が思っているよりも板を回さないと行けないようです。

あと最近、以前と比べて次のような変化が
  • 急斜面が嫌いになった
  • 荒れた斜面が嫌いになった
  • スキーの板にこだわらなくなった
どれもあまり良い傾向じゃないですが・・・^^;
たとえば一の瀬上部は午後になると急斜面にわえコブが出来てくるのですごい鬼畜なコースになります。去年はかっ飛ばして滑っていたのですが今年はスピードを抑えて滑っています。今まで(今も)スピードを出して滑ることが上達の秘訣だと思っているのですが、どうなんでしょう。ただ以前はかっ飛ばして暴走してしまっていたけれど、今年は遅いかわりに自分でコントロールして滑れていると思います。
荒れた急斜面でスピードを抑えて滑りたければ腰高のポジションで上下動を使いウェーデルンするとよいと分かりました。
スピードを出して滑りたい場合は板を真上から(いつもより強めに)踏んで足をあまり外に出さない(自分の足をコントロールできる範囲内に置く)、そしてターンしてニュートラルポジションになる時でも圧をあまり開放せずにキープしておくとロングターンでも吹っ飛ばされないです。
Secret

TrackBackURL
→http://satomasato.blog.fc2.com/tb.php/305-9dbdad8a