以前こんな記事を書きましたが、これなら音質厨の人に怒られなくてすみそうです笑
DSCN1866.jpg
ドンキで買った安物のスピーカーほとんど音が鳴らないということでしたので、アンプを買いました!
DSCN1863.jpg
そもそもドンキのスピーカーは富士通のTOSUB(サブウーファー)端子につながれていました。まずメーカーが違うし、何よりドンキのスピーカーはサブウーファーじゃないので音が出ないのは当たり前です笑
「でもどうにかしてドンキのスピーカーをサブウーファーのように扱いたい!」とずっと思っていました。

ある日ハードオフをぶらぶらしていると(本来は安いゲームソフトを買おうかなと思っていた)、「アンプ」というものを目にした。これは入力されてくる信号を増幅させて出力するという機器のことだ。「そうか、アンプを使えばいいんじゃないか?」と突如ひらめいた。富士通のスピーカーのTOSUB端子からドンキのスピーカーに音声信号を伝達させる際に、アンプに仲介してもらってドンキに送られる音声の信号を増無理矢理幅させてやろうという目論見だ。
しかし値段を見ると、中古でも7万・・・とてもじゃないが高くて手が出せん。ケチ臭い私はもっと安い物が無いかとインターネットを駆け巡りまわった。
そこで見つけたのが上の写真のアンプだ。3000円くらいで買えた
しかし普通、スピーカーというものは、イヤホンのようにジャックがあるわけではない。電源装置のように+と-(GND)の端子があって、それぞれに銅線を接続する必要があるのだ。まあドンキのスピーカーも富士通のも、あまり本格的ではないPCスピーカーだからイヤホンジャックはついているが、問題はアンプのほうだ。

このように普通のイヤホンジャックは接続することができない。購入したアンプは右のようなものがついていた。爪を押して下の穴に隙間を造り、そこに銅線を突っ込むのだ♂
早い話がドンキのスピーカーのコードをアンプの穴に指しこめられるようにすればよく、スピーカーコードの先っぽを切り、出てきた銅線をアンプにつなげてやればいいのだ。しかしそれではPCスピーカーとして手軽に使えなくなってしまう・・・
そこで私は考えた。「延長コードを買ってきてそいつをアンプにつなげられるようにすればいいのでは?」賢い私。私賢い。
早速大須に行きお目当てのものを探す(大須は名古屋の秋葉原と呼ばれているのだ。PCグッズはもちろんアニメグッズもそろっているぞ)・・・

こういうの(イヤホンジャックメス)と、シード線を買った。シード線というのは、銅線の周りを銅線で覆った銅線。なんでもアンペールの法則がうんぬんかんぬんで電磁波の影響がなんとかかんとからしい。この2つで所望のコードを作った。イヤホンジャックメスは先端を回すと取り外せるようになっている。取り外すと1対の2穴もうひとつの穴があった。おそらく2つの穴は左右のスピーカーの+端子、もうひとつの穴はグラインド(アース、-端子)だろうと勝手に判断した。シード線は、先述のように、1本あたり内側の銅線と外側の銅線の2つの銅線を含んでいる。じゃあこれを2本使い、それぞれ左右の+端子とグラインドに割り当ててメスの穴をつなげばいいのではないかということになった。そうして作ったお手製”PCスピーカーをアンプに接続するためのコード”を使って富士通のスピーカーとドンキのスピーカーを仲介させた。音なるか・・・ドキドピ

鳴った!うれしい!

ちゃんとアンプによってドンキのスピーカーの音量もアップしている!しかもサブウーファーとして接続するから低音がバンバン響く!安物の癖にやるなあ!笑
ただやっぱり安物。心なしか、低音が下品な気がする。笑。
後ほかにちょっと気になったのは、ノイズ。音が鳴っていないときドンキのスピーカーから「ツィーーーーー」という雑音が入る。まぁいい加減な私が作ったものだから仕方ない。多少は入る。もっと本格的にやっている人はノイズ低減のために銅線や配線、スピーカーの位置やコードのからまりなどにすごく神経質らしい。
しかしアンプがあれば、スピーカーの自作だって可能だ。スピーカーの構造を簡単に説明すると、銅線をぐるぐる巻いたもの(コイル)の中心に磁石がある、といういたってシンプルな構造だ。つまり自分でも作れる。銅線をぐるぐる巻いた端っこ(もちろん線分なんだから2つあるよね)をアンプ+とGNDに差し込んでやれば、たちまち音が鳴る。いつかやってみたいなぁ。いやあ楽しみだ。
Secret

TrackBackURL
→http://satomasato.blog.fc2.com/tb.php/280-f11dc2a5