上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
僕自身英語を勉強しているし、英語を学んでいる人が一番多いので英語を例にとり述べますが、ほかの言語でも同じことがいえるんだと思います
Listening, Reading, Writing, Speakingの4技能に分かれると思います。で、一番重要なのがListeningで、その次Speaking, Reading, Writingとなるとおもいます。 各分野についてどこまでできれば満足するのか自分なりの考えを述べます。
Listening
dictationは完璧にできなくても、意味がわかれば十分だと思います。ただ日本語に訳している暇はないと思います。英語のまま理解するという感じです。
はじめは何十回も同じ放送を聴きまくって意味を理解したいです
もちろんですが、わからない単語はどうしようもないです。スペルもわからないので辞書で調べることもできません。これはReadingで単語力をつけるしかないです

Reading
これも高校英語のように精訳するのではなく、英文を素直に左から右に読んでそのまま意味を理解できるようになればいいと思います。文章に起こせるようにする必要はないです。
わからない単語があったら積極的に辞書を活用してその単語の意味を覚えたいです
しかし、文脈からその単語の意味を推測する能力も重要です。調べる場合はいったんそのsentenceを読み終わってから調べるといいでしょう

Writing
僕は一度伝えたいことを日本語で書いて、その後英文に訳すようにしています。もちろん書いた意味そのままを訳すのではなく、意味合い的に同じであればどんな文章構造でもいいと思っています。そのまま訳した結果英文が複雑にならないようにしましょう。思い浮かばない単語があったら調べましょう。あとはLang8などの添削サイトを積極的に活用して文法の正しさを身につけましょう。ただし多少間違っていても意味は伝わるのでまずは辞書を引く回数を減らすようにしたいです

Speaking
これは外国人と触れ合う機会の少ない日本人の弱点だと思います。ヨーロッパなら他言語を話す人がすぐ隣の国にいます。(しかも行き来が簡単)
まずは外国人の友達を作って外国語で話すようになりたいです
これは自分が大体いいたいことを心の中で考えてからいきなり英語で話すようにしています。ゆっくり考えながらいえばわりと言葉が出てきます。あせりは禁物。
Secret

TrackBackURL
→http://satomasato.blog.fc2.com/tb.php/270-7e393524
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。