DSC_0011.jpg
2/14-18
北志賀高原xjamスキー場
5日間ほぼ雪が降っていたので、パウダースノーを楽しみました。2~4日目は雪が重かったので板がずぶずぶ潜っていきましたが…(^-^;最終日は軽い雪、まさにパウダーで、滑っているときに雪が自分にかかってくるのさえ気持ちよかった。
パウダーの時はポジションを後ろにして板のトップが刺さらないようにするといいですよ!雪が柔らかくスピードが出にくいので前後のポジションは多少くるってもリカバリー可能です とりあえず斜面状況があまりよろしくないときは後傾にするといいです。あとはいつもよりポジションを高くしましょう。とりあえず疲れにくくなります。あとはそれに加えて上下動を利用するとターンがしやすくなります。あとはターン弧を浅くする。深回りしようと無理に曲がるとバランスを崩しやすく、またターンによって失速しつまんなくなります(笑)。減速してきたら落差をとったターンをしましょう。

逆にコブがほとんど滑れませんでした。私がへたくそだからではなく、コブ自体(雪に埋もってしまって)なかったからです。
あとハードパックなバーンも滑れず、スピードを出し傾けて滑ることもできなかったのもちょっと残念です。まぁパウダースノーを存分に堪能できたので良しとしますか!♪

技術選で連続写真を撮ってもらった時に、大回りの左ターンと右ターンのシルエットが左右対称でなかったので揃えました。そしたら上半身の動きが結構うるさくなってしまった(笑)

それから、ストック折りました(;_;)今シーズン何本目だ…
今までおもに下半身を意識して滑ってきましたが、そうすると内脚・外脚どっちを使うか意識しすぎて、変な無理な加重を行ってバランスを崩すことが多々ありました。
今回は上半身を意識して滑ってみました。上半身はフォールライン一直線に等速で落ちていくというイメージ(あまり胴体の向きを変えない)で滑ったところ、足の加重の切り替えが滑らかになり、腰の入れ方も左右均等になった気がします。ただ、それだとターンが浅周りになってしまうかもしれない…
Secret

TrackBackURL
→http://satomasato.blog.fc2.com/tb.php/235-db0ecedb