上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2014.01.11 立志式
14歳(中学2年生)のころ、私の中学校では「立志式」というものがありました。昔の成人式扱いで、文字通り自らに志を立てるのです。古い風習ですが、私の所ではいまだに残っていました(←”いまだに”の使い方おかしいけどご勘弁)。
そのとき、私たち生徒は20歳の未来の自分へ向けて手紙を書かされました。「20歳の自分が読んでも恥ずかしくならないように気を付けて書こう」と思いながら書いたのを覚えています。
そして明日(地方によっては明後日)は成人式、ということで、今日その手紙が届きました。当時気を付けて書いたつもりでも、いざ実際今の自分が読むとなると、やはりちょっとは緊張します。
img001.jpg
↑その手紙
さすが14歳。思っていたよりあまり恥ずかしくならずに済みました。(笑) でもじぶんのことを「あなた」と呼んでいるのはちょっと… あれですね(笑) (そういえば「未来の自分の事を何と呼んだらいいのでしょうか」と先生に質問したら「『あなた』でいいんじゃないか」と返って来たのを思い出しました)
一度目を通して最後の「ではさようなら」という文句に目が行った時、わたしは、この手紙を読んでいた瞬間だけ、14歳の頃の自分と出会えたのだ、しかしそれだけでもう2度と帰って来ないし戻れない、と悟りました。
Secret

TrackBackURL
→http://satomasato.blog.fc2.com/tb.php/229-03ed7297
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。