「サボっている奴は賢い」
そういう人は、何が必要なのか、何が不必要なのかきちんと見極められる、って事だ。
抽象的な話だとここで終わってしまうので具体的な話にしよう。
例えば大学。
講義をさぼる人って結構いるよね。そういう人は、その講義の価値を見積もれてるってこと。講義をさぼっても単位が取れれば十分だと思う。「大学の授業は単位をとるために受けるものではない」という人がいるけれど、そもそも単位をとるというのはその講義が十分理解できたという標であって、「単位は取れなかったけど理解できたと思う」なんてのはない。落ちるべくして落ちる。
講義をさぼる人というのはその講義が無意味だからサボるということである。したがって、そのサボった間は自分の好きなことができる。自分の有意義な時間を過ごすことができるわけだ。
大学側で「サボるやつはけしからん」と思っている方は、まずは自分の講義を振り返ってみてほしい。
講義が退屈すぎるから、学生がいなくなっていくのではないだろうか。講義のレベルが高ければ、ついていけなくて逃げていく学生はいても退屈でサボる学生はいないと思う。ただ、やはりついてこれない学生が出てくるので、講義のレベルはうまく調整する必要があるだろう。
Secret

TrackBackURL
→http://satomasato.blog.fc2.com/tb.php/168-6c4999d4