楳図かずお恐怖劇場 「蟲たちの家」 &「絶食」セット [DVD]楳図かずお恐怖劇場 「蟲たちの家」 &「絶食」セット [DVD]
(2005/10/29)
西島秀俊、緒川たまき 他

商品詳細を見る


楳図かずお劇場ってやつの作品です。なんかいきなり美人がデブになる。それしかわからん。

一応俺なりにあらすじ書いてみました。って言うかこれ読んでも意味不明すぎてネタバレにすらならない
↓↓↓↓
Tomokoは辻本君に告白するが、振られる。ある日Tomokoが家に帰ると離婚した母親が男とセックスしていた。Tomokoは夕食のとき「お母さん、気使わなくていいよ。ちゃんと紹介してね」って言って部屋に行く。Tomokoが鏡を見ていたらいつの間にかデブになっていた。気分が悪くなってトイレで吐いたら直った。学校でも同じことが起きる。中川翔子とお茶したとき中川が「わたし辻本君になら処女捧げてもいい」っていったらTomokoが「お前みたいな女に渡さない」的なことを言ってまたデブになる。しばらくデブが治らない。母親に見つかって「お母さん、私がこんな姿だから私にあの男紹介しないんでしょ」っていって母親に「いい加減にしなさい!」って言われてビンタされる。また、「おかしいよね、私って。いきなりこんな太っちゃって。」というと、母親は、「何言ってるの、Tomoko。あなたは昔からその姿じゃない!それに、ここは死んだKazumiの部屋よ!」と言う。Kazumiという女の部屋には元の姿のTomokoの写真があった。Tomokoは腹にカッターをあてがい、「絶対に痩せてやる!」と一念発起。時は流れ、元の姿に戻ったTomokoは辻本君を逆ナン。ホテルでディープキスしてたら、いきなりTomokoは辻本君の舌を食いちぎり、辻本君を食べ始める。取り調べで、いきなり裸になり、体重計に乗り、「やった増えてる!これからはずっと辻本君と一緒だよ」と言うと、刑事が、「おい、浣腸もってこい!早く!」っていう。
Secret

TrackBackURL
→http://satomasato.blog.fc2.com/tb.php/160-59ece028