「なんで人殺しちゃいけないの?」と子供に訊かれたらどう答えます?5秒で答えられるようにしておきましょう

えーと簡単で、「皆生きたがっていて、殺してしまったら二度と元に戻せないから。」

「じゃあ死にたがってる人は殺していいのか?」って事になるけど、「今は死にたがっていても後で生きたくなるかもしれない。今殺してしまったらそのチャンス自体失うことになるからダメ。」ってことですね。
「じゃあ死にたがってる老人は殺していいのか?」って事になるけど、「もし殺されてしまったら本人以外のご家族親戚が悲しむからダメ。その老人は周りの人によって生かされている」ってことになる。
「じゃあ死にたがっている身寄りのない人は殺していいのか?」って事になるけど、「その人はきちんと会社で働いて社会奉仕をしている。そんな人を殺してしまったらその会社をはじめとして社会に損失をもたらしますよ」ってことになる。
「じゃあ死にたがってるニートは殺していいのか?」ってなるけど、それはOKです。

「そもそも人以外だったら殺していいのか?」って事になるけど、「人以外のあらゆる生物はむしろ人以上に正へ執着し必死になっている。1匹殺しただけで其処の自然体系が大きく崩れることがある。もちろん殺しちゃダメ」ってことになる。
そうなると今われわれは牛さん、豚さん、鳥さん、魚さんをむやみに殺して食ってるよね。別に殺さなくても他の物食べれば生きていけるよね。まあうまいから食べてるんだけどね。
じゃあ植物を食べるか!って事になるけど、これも命をいただいてることになる。でもそんなこと言われたら何も食べられなくなる。じゃあどうすればいいのか?
死んだものをたべればいいんじゃないだろうか。
熟して母体から離れ落ちた果実や、新鮮な死肉などを食して生きていけばいいんじゃないのか
ここで話を人に戻すと、「じゃあ死んだ人の肉なら食っていいのか?」ってなる。いいと思います。
Secret

TrackBackURL
→http://satomasato.blog.fc2.com/tb.php/144-93d1a3c4