上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013.02.19 ski report no6
とき:2月7日~19日
ところ:志賀高原(おもに焼額山)
コンディション:全体通して雪質良好

7日
初日なので緊張したのを覚えている。

8日
みんなと滑った

9日
9
研修を受けた。小回りのコツ・ターン時の荷重方法

10日
10
小回り(整地)をすればするほどへたくそになっていく感じがした。これでは1級受からないのでは?!?ポジションを前にすればうまくいく気がした。板をずらすことばかり考えてスピードが出ない

11日
11
重心後ろめ・切り替え時の足のベンディングはやめたほうがいい・スタンス広めに

12日
12
12
オリンピックコースが気持ちよかった。ブーツの内側が削れているのはスタンスが狭すぎ?

13日
13
13
一の瀬・高天原に行った。一の瀬ファミリーの上のバーンがアイスで楽しかった。ただしアイスバーンでの滑り方をマスターしたとはまだまだいえそうにない。それからバンクを滑った。板を回す方法はおkだと思う。高天原のコブは新雪でつぶれていたので大回りで処理した。何本か滑ったが不整地大回りの滑り方をマスターできたとはいえそうにない。不整地の際はコース取りをあらかじめ考えてから滑ったほうがよい。何も考えないで滑るのは多田野馬鹿

15日
寒かった。

16日
16
たってた。

17日
教えたけどうまくいかなかった。

18日
18
デモのすべりはコンディションが悪い時にこそ発揮するものだと思う。整地でももちろんうまいがくせのない滑りとしかコメントできない。以前よしゆきを見かけたことがありますが、コブの前でクラウチング姿勢になってスピードを上げ、そのままコブを滑り降りていきました。そのくらいキチガイなことができるとやっぱすごいなと思う。

19日
19
最終日はゴージャスだった。板に頼りすぎ?遊びで自分自身が好きなように滑るときには板に頼ってスピードを出して滑ってもよいと思います。ただし自制できなくなるのは禁物。腰からいかずに膝から行くようにするらしい。やはりポジションを指摘された。足をある程度まげてばねを利かせなければならない。脚の曲げ方は脛が前に出ないようにする?ケツが出るが。。。
一日あたりに滑られる時間は少なかったですが、滑走日数はめちゃくちゃ多くなりました。
毎日雪が降っていたので、なかなかアイスバーンに出会えませんでした。
教える人がいないときは、わざと滑りにくいバーンを滑って、その中で安定して滑るにはどうすればいいかということを模索するのが練習になるのではないでしょうか。
Secret

TrackBackURL
→http://satomasato.blog.fc2.com/tb.php/119-9f967daa
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。