上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
84階からは私は飛行機が突っ込んできた瞬間がわかりませんでした。2番目の飛行機が私たちの6階下の78階に当たりました。だから私たちは衝突した階の6階上にいたのです。
私がいつそこを見下ろしたかわかりません。炎は見えませんでした。行って試しに調べてくるのが正しい判断だろうと私に直感が働きました。炎に阻まれるまで我々はできるだけ遠くに行こうとしました。我々が78階に来た時、(このように)最後の層がありましたが、それは砕けて炎になり、他の面の壁をこのように舐めました。それは吼えるような灼熱地獄でした。私はこの炎はおそらくここと内部で酸素不足になっているのではないかと勘付きました。我々は中に進むことができずに74階にいました。我々は光がともる、普通の状況には程遠いなかを地面に向かって降りていきました。新鮮な空気が下から来(てい)ました。
建物の中の温度は特別に高いわけではなかった。御覧のように飛行機が追突したまさにその場所に立っている女性が写っているのがわかる。
Secret

TrackBackURL
→http://satomasato.blog.fc2.com/tb.php/103-6fb69b8d
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。