2017.04.29 サス交換
以前から、低速時左リアからコトコトと音が鳴っていて、気になるのでサスペンションを交換することにした。純正→純正ではつまらないので、BLITZ ZZ-Rという社外品のサスペンションを購入。音消しが目的なので、そんなに高スペックのものではなく、マウントもピロボールではなくゴムを使用したものの中からチョイスした。
車高を下げることが第一の目的ではないため、最初はサスの長さを純正と同じにして車体にセットした。車をおろしてみると、なんと純正よりも車高が上がっている!そうか、車高調にしたことによってばねが固いものになり、リフトアップ時に純正と同じ長さにしてしまうと純正よりも沈み込みが少ないため、車高が上がってしまうのか。そして当初から5cmほど下げて取り付けた結果、純正と同じ高さまで下げることができた。
乗り心地はというと、現在は異音は発生していない。しかし異音が解消されたかどうかは、高速走ってみてから様々な状況含めて判断したいところだ。
メルカリで現金を出品していることが問題になっている。
それに関して、私が聞きかじった情報をもとにコメントしたいと思う。

ある日食堂で飯を食べていたら、同僚Bが、私Aに、「銀行の暗証番号を忘れてお金をおろせなくなったので土日くいしのぐためにお金を貸してくれ」というので、貸した(もちろん後で戻ってきたが)。1万円とややヘビーな額だったためか、それを皮切りにしばらくお金の話題になった。
私より年下だけれども同期のCが、「最近現金をそれ以上の値でオークションに出してる人がいるらしいですよ」という。それに対してBが「なんでそんなことする人いるん?買う人いるの?買った人損するだけじゃん」と発言。私は金券ショップの要領かと思い、「あそれ知ってる(大嘘)。何かのキャンペーンでメルカリとかのポイントためた人が換金したくて買うやつじゃない?」と言った。すると「なんでも、いつもクレカ払いと化してて財布に現金がなくて、でもすぐに現金がほしいって人が買うらしいですよー。引きこもりの人が買うんじゃないんですかね?(笑)Bさんもそれで乗り切ったらいかがですか?(笑)」とC。この時点では私の発言が一番正しいと思っていた。
後日、私はニュースで、メルカリで厳禁出品していることが問題になっているという内容の特集を目にした。この間話したアレだ!と感じた。興味があったのでしばらく見ていると、
「オークションサイトで現金を購入するメリットとして、税金計算上収入という扱いにならない。また、キャッシングで現金が手に入る。」
というのだ。つまり、税金の問題、金欠など、何らかの理由で現金を手に入れられない人たちが、オークションというサービスを通じて、キャッシングなどの支払いにより購入し即座に現金を手に入れることができているという訳だ。なるほど、ではCの言い分が最も正しかったわけか。それ以前に糞田舎群馬なのに、こんな身近に問題となっていることに触れることができたのが驚きだ。
私のインプレッサにレゾネータレスのダクトを導入しました。

レゾネータとは?
車が吸気してからエンジン内に入るまでのダクトの経路上に設けられている袋小路形状のもの(このような形状をしている)。何のためのあるのかというと、吸気音を打ち消すためにあるのだそうです。素人目に見たら「なんだこのスペース?無駄じゃん」と思うでしょう。

私は「なんだこのスペース?無駄じゃん」と思いました。無駄なものはカッツ!しかし、純正の部品に手を加えるのは好きではありません。そこで、レゾネータがなくなった形状の社外品のダクトを購入し、付け替えることにしました(※リンク先は違う方の記事です)
GDBのレゾネータは右フェンダー内にあります。付け替えても見た目は全く変わりませんね
FC2トラックバックテーマ 第2248回「カレーのトッピングは何が好きですか?」

夏野菜が好きですねー。ピーマン、ブロッコリ、トマトを油で上げて、カレーに添える。よくスキー場で食べていたのですが(←冬じゃん)、ハマってしまいました。


FC2トラックバックテーマ 第2250回「朝食は和食派?洋食派?」




一番最初に思いついたのは、和食ですね〜
味噌汁に、漬物とご飯。これだけあれば朝食としては十分です←お寺か!

でも、こんがりトーストにベーコンとチーズのせて、ヨーグルトを飲みながら洋食テイストで朝食を過ごすのもいいなーと思いました。
昨日に引き続きスキーの記事書いていこうと思います。

急斜面では、
①足をあまり外側に出さずに、
②(骨盤の真下に足があるようなイメージで、)
③常にブーツのすねの部分に圧をかけながら、
④前傾姿勢で、
⑤スキーのトップを抑えて
⑥骨盤で足をがっちり固めて
⑦外足荷重で滑る
と非常に安定します。

さて、2回目のGSの大会について書こうと思います。
この大会は、レーシングチームに入っている小学生がすごく多い大会でした。もちろん競技は年齢別に行われましたが。
エントリーフィーは、2本勝負で、3000円です。まぁ1本勝負の大会よりはおかな
20代は、4人しかいませんでした。そして1本目でそのうちの一人が転倒です。僕がいくら遅いとはいえ、入賞確実になってしまいました^^;実質ビリッケツなのに表彰台に立ててしまったことが恥ずかしかったです。写真に取られたくないので賞状をもらったらそそくさとその場を去りました。
でも、タイム差は1位と+10秒くらいの差でした。1本あたり5秒差ということになります。僕目線で言ったら、まあまあかなと思いました(30秒位はなされるかと思ったので、、、)。
斜面状況はすごい急な斜面(一応中級コースとは書いてあったけどスキー場の中で一番急なんじゃないかと思った)にポールがセットされていて、インスペクションの時点でチョービビってしまって「前半ずらしでポールに入っていこう」と思ってました。しかし、いざ本番で滑ってみると雪が緩んできてて思ったよりスピードが出ず、いまいち攻め切れない形で滑ってしまいました。。

いつも大会だと緊張してしまって自分の力を開放できないのですが(逆にそれがむしろ慎重さを生み出して良いのかもしれないが)、緊張しても攻めきれるようなメンタルを持てるようになりたいですね!
随分前のことなんですが(2ヶ月位前)、最近スキーネタで書いてないなと思い(そもそも記事自体更新頻度が減ってきたm(__)m)、思い出して書くことにしました。

某スキー場でGSの大会をやっているとの事だったので、出場することにしました。僕は今年から競技スキーを再開してみようかなと思っていたところでした(高校では弱小スキー部でキャプテンをやってました。大学は基礎)。

そういえば今シーズンはGSの大会には②回出たので、1回ずつ分けて(もったいぶって)書こうと思います。

1つ目に出場した大会は、30代〜70代までの老若男女300名余が出場するビッグな大会。代表として選ばれた(そもそも若い世代のスキーヤーが見つからないらしく、スカウトされて予選免除で出場させてもらった←高校時代に似るものがある)僕は、30代以下の部門で出場することになった。もちろん年寄りから実施されるので、我らが若い世代は一番最後の順番。コースが掘れに掘れまくってボブスレーみたいになってましたw
出場者一覧を見たら、なにやら見たことあるような名前が。高校時代戦ったライバル(当然向こうからはライバル扱いされてません)の名前がありました。もちろん今もダントツで速かったですね
タイヤを、スタッドレスタイヤから、サマータイヤに履き替えました。
元々OZレーシングのホイールを履いていたのですが、新しくスタッドレスタイヤに付け替えたため、今回はホイール・タイヤともに購入しました。
せっかくセットで購入するので、225/45R17→225/40R18にインチアップしました。
タイヤはピンからキリまで見つかるので(私はキリを購入したので)すが、問題はホイールで、なかなか自分の車に適合するものが見つかりません。
というのも、そもそも僕の車は最初からホボツライチの状態になっており、あまりインセットを取れないのです。
かといって、あまり外に飛び出さないホイールを選んでしまうと、ホイールをキャリパーが干渉してしまう。(前輪にデッカいブレンボキャリパーを装着しているため。)
だから、ブレンボ対応のホイールを購入するしかない。そうなると、純正品の流用くらいしかカスタマイズ性がなくなってしまう。したがって、フォレスターのホイールを購入することにしました^^;同じSTIモデルのホイールなら、ブレンボにも対応しているとのことなので。
本日取り付けてみたのですが、前輪に関して言うとホイールとキャリパーのクリアランスがチョーギリギリです。ほぼゼロタッチ。これで高速走っていきなりホイールとキャリパーが鑑賞してバキッ!なんてことにならないかな・・・なんて思ったりします(まぁありえないけど)。

インチアップして(タイヤ幅は変わっていないけど)若干接地面積がアップし、スタッドレスからサマータイヤに履き替えたことでグリップ感が向上すると思います、早速明日どっかに走りに行ってこようっと♪