愛車のインプレッサで、サーキットに行ってきた
サーキットにいくのは初めてだ。だから装備を揃える必要がある。
ジェットヘルメットと、グローブが必須品なので、バイク用品店に行って買った。ヘルメットはセール品の6980円のしな。
あらかじめネットで勉強した内容が、「サーキットでぶつけるのは当たり前、保険効かないししょうがないと思え」と言うようなものだったので、ものすごく緊張していた。サーキット場につくまで心臓のバクバクが止まらなかった(笑)
日曜日だから込んでるのかなーとおもったら、そんなでもなかった。僕が到着した時はちょうど昼休みで、ピットに5台ほど止まっていた。
他の人たちは、いかにもガチ勢という感じだった。暇だからたまたま来ましたなんてのはぼくだけ。みんな車にステッカーとか貼って、ピットには工具がいっぱいあった。
そのサーキット場にいくのは初めてだったので(サーキット自体未経験だから当たり前だけど・・・)、コースの説明を10分ほど受けて、いざ出陣!
さすがに1周目は4速・80km/hで抑えて走った。2周目以降はコースのくせも十分つかめていないが徐々にスピードをあげて行った。
始まって10分もしない内にレッドフラッグが立った。コースアウトしてる車がいた。レッドフラッグが立つと皆一度ピットにはいらなければいけない。レースが終わったらコースアウトした人に「レースとめちゃってゴメンね!」と謝られた。
その時は4台走っていたが、僕以外軽をチューニングし多様な感じの車だった。軽に抜かれる僕…
終盤コーナーリングで後ろからカラカラと金属音がした。「下まわりの異常か?嫌な予感がする・・・」レース終わって真っ先にみてみたけれど、何もおかしそうなところはない。トランクに収納されているスペアタイヤやらジャッキやら工具やらを下ろした。次のレースでは音がしなくなった。よかったよかった
1回目のレースが終わったら汗だくだ。エンジンが熱いのにエアコンつけたらアカんかなーと思ってエアコンはつけなかったのだ。
たった20分間の走行だったのに、ずっと高回転で走っていたため、ほぼ満タンだったガソリンが半分近くに減ってしまった!そうすると燃費2くらい・・・(泣)あわよくば3回しようと思ったが、体力のことも考えて2回だな
また、普段全然減らないインタークーラーのウォータースプレーが、空になってしまった。サーキット、恐るべし
2回目は少し余裕が出てきた。タイヤは思ったより減っていなかった。
走ってみて感想は、足回りが貧弱だということだ。ヘアピンでは車が倒れそうになってちょっと怖い^_^;ただ、サスが柔らかい分縁石に乗り上げても跳ねないので、そこは思いっきり踏めた(笑)