2015.04.23 苗字
日本で一番多い苗字は、佐藤です。
二番目は、鈴木。三番目は、高橋や田中だったり…

「確か佐藤と鈴木がすごくおおいんだよね・・・?」苗字の勢力を視覚的に一目でパッと知りたかったので、こちらのサイトを参考にランキング順に並べて棒グラフを書いてみました。
graph.png
なるほど、トップ4がそれぞれ20万人以上なんですね。そして15位を過ぎると段々軒並みになってくる。これは何曲線?
そして、1位から100位までの人数を全部合計したら、6463935人となりました。日本の総人口は約1億3000万人だから、100番目までだとまだまだ届かないね。そう考えると日本の苗字ってめっちゃ多そう。一体いくつアルんだろう・・・
森は生きている(トールケース) [DVD]森は生きている(トールケース) [DVD]
(2002/12/16)
不明

商品詳細を見る
原作に忠実です。


日本版もあるけどロシア版の方がいいです。そっちの方が原作に忠実。
たしかこれ小学校か中学校の教科書に載ってたんじゃないかな・・・
60分で終わる童話アニメですね
... 続きを読む
以前自作したPCを、サーバ用PCとして運用することしました(新しくほかにPCをゲットしたため。)。もうwebサーバなどはそのPCに移行してあります。
グラボ・DVDドライブを抜いて、なるべくエコ運転にしてます^^
あとはBIOS・OSの設定で、AM6:00に電源自動ON,AM1:00に自動OFFになるように設定しています。電気代食うし、サーバ攻撃されうる時間を少しでも短くするために。
OSはdreamsparkからサーバ用OS(windows server2012)を無償提供してもらいました。
webサーバ・メールサーバは実装済みなので、今後はcgiを使ったwebコンテンツや、ftpサーバ、ファイルサーバを実装していきたいと思います
WEBサーバの次は、メールサーバを実装させてみようと思い、実装させました。
OB25Pに悩み、フォワーディング設定に右往左往しましたが…何とかゴールしました^^;
ぼくのサーバ用OSはWindowsなので、メールソフトはxmailくらいしか有名なのがありませんでしたので、これをつかうことにしました。覚書として以下に手順を書いておきます
①xmailとxmailcfg,k4をダウンロードしてきてルートにおいてください。
以下IISでの操作
②まずはIISを起動してWEBサイトに右クリックして「仮想ディレクトリの追加」を選択し、「エイリアス」にソフトの名前(xmailcfg,k4)、物理パスはそのアプリケーションのディレクトリを選択してオッケイをします。(k4,xmailcfgについておこなう)
これで"http://自分のドメイン名/アプリケーション名(k4,xmailcfg)"で設定画面にアクセスできるようになったはずです。
③xmailcfgの「認証」をクリックし、「匿名認証」を無効、「基本認証」を有効にします。もし基本認証の項目がなかったらサーバマネージャから役割・機能の追加をしてください
そうするとxmailcfgはメールソフトの設定画面なので、一般の方にはアクセスしてもらいたくないので、認証を求められます。ユーザー名は"Administrator",パスワードは自分のパソコンのAdministratorのパスワードを入力します。
④k4とxmailcfgにはcgiが使われているので、perlが動作するようにします。k4,xmailそれぞれの「ハンドラーマッピング」を選び、右の「操作」から「スクリプトマップの追加」を選び、「要求パス」には「*.cgi」を、「実行可能ファイル」には「perl64のあるパス "%s" %s」("はそのまま入力)、名前は適当なわかりやすい名前を入力してOKを押します。
ブラウザで操作(xmailcfg)
⑤ブラウザにて"http://ドメイン名/xmailcfg"と入力し、ユーザー名に"Administrator"、パスワードに自分のパソコンのAdministratorのパスワードを入力して認証をクリアします。
⑥左のメニュー―から「基本セットアップ」を選び、書いてある指示に従って順次進めていきます。「CTRLアクセス許可」、「SMTPリレー許可」、「xmail環境設定」は以下のように設定します。SMTPハロードメインは自分のプロバイダのドメインです。
unko.png
⑦「環境設定」の「xmailcfg環境設定」では以下のように設定します。SMTPポートを変更するのを忘れないでください(OB25P対策)
aho.png
⑧つぎに「グループの管理」「ドメインの管理」「ユーザの管理」の順に、登録を進めていってください。説明が雑になってきてしまってすみません。眠いので勘弁してください
⑨「K4の管理」の「基本設定」を次のように行ってください(赤字の「個人別設定」とは「ユーザー管理」のことです)。
ゆい

固定ではなく動的IPアドレスの人はOB25Pにより送信メールがISPにはじかれてしまうで、以下その設定を行います。

⑩「オプション」を選んで「SMTPフォワーダ」を選択、ドメイン名は「*.*」ですべてを指定し、SMTPフォワーダはヤフーメール「smtp.mail.yahoo.co.jp:587」でサブミッションポートも指定します。
⑪「オプション」の「SMTPクライアント認証」で「接続先SMTPサーバ」は「smtp.mail.yahoo.co.jp」を、「認証タイプ」は"plain"で「ユーザID」は自分のヤフーのID,「パスワード」はヤフーのパスワードを入力してください。
⑫つぎに「セキュリティ」の「SMTPアカウント認証」で、「認証ID」=自分のヤフーメールアドレス、「パスワード」=ヤフーのパスワードで登録してください。
⑬「SSL/TLSの管理」で証明書を一通り作ってください。
⑭そしたら「環境設定」の「xmail環境設定」の「SSL/TLS関連」をすべて有効にしてください。
ヤフーメールでの設定
こちらを参考にして、ヤフーメールの設定を行ってください。もともと外部からのメールは受け取れるので、送信設定のみでよいです。

これで設定は以上です。メールソフトを使うこともできますし(サーバの設定は自分で行ったのでそれに従ってください)、"http://ドメイン名/k4"にアクセスすればwebメールも使えます。
... 続きを読む
2015.04.12 硫黄
まえ(中学生くらいの時)おじいちゃんちに行ったときに、いきなり黄色い物体の入った瓶を見せびらかしてきた。これは何かというと、硫黄らしい。電気が通っていない時代、夜明かりがほしいときに、硫黄に火をつけて松明代わりにしていたらしい。硫黄は燃やすと青白い炎を発する。おじいちゃんがすんでいたところではそこらじゅうでたくさんとれたそうだ。そんな風に自慢?されると、青白い炎を発するこの黄色い石ころがほしくなってきてしまった^^;
2015.04.12 新カテゴリ
このカテゴリ「懐旧」では、僕の人生を振り返って思い出に残っていることをこれから書いていこうと思います。
気づけばもう21年生きてきました。振り返ると結構いろいろなものがあります。
楽しかったこと、悲しかったこと、苦しかったこと、、、心の引き出しにしまってある物を、一つずつあけていって、皆さんにお見せしていこうと思います


FC2トラックバックテーマ 第1949回 「 エイプリルフールと言えば? 」


エイプリルフールといえば、うそをつくことになるんだけれども、僕は何を嘘つこうかと思っているうちに面倒くさくなってやめてしまいますⓕ^^;
うまい嘘をつくには芸術性が求められるんだと思います。今日だけはうそをついてもいい日なら、かっこいい・おしゃれなうそをついてみんなの注目を集めよう。だから有名人や団体・企業などはこのイベントに乗っかって僕たちを楽しませてくれるのです。僕もこじゃれたこと言ってみんなを楽しませたいなあ
2015.04.12
数日間休みを取って、地方巡りをする。各県の名所を回り、夜は旅館の温泉にゆっくりつかる。
その数日間は充実し楽しいかもしれない。しかし、観光スポットを回っただけではその土地を理解したことにはならないと思う。
最低でも1週間はその土地に居続けるべきだ。そうすると交通の便や気風など、風土がわかってくる。
その土地に慣れるまで住み続けなければ、大して記憶に残らないのではと思う。「あそこたのしかったよね~」だけではなく、「あそこはこういう人が多い」「ここはいつも混雑している」などということを思い出に残してこそ、楽しい旅行になるのだ。
せっかく遠くから来たのだから、愛着がわくまでこの地にいよう、と僕は思う。数日間だけではゆとりのない弾丸ツアーと大して変わらないような気がする。


FC2トラックバックテーマ 第1934回 「魚の皮って食べますか?」



魚の皮、確かにグロテスク。タラとかぶよぶよしてるし、食べたいとは思いませんね。
でも鮭の皮だけは進んで食べます。焼いたらぱりぱりしてておいしいじゃないですか
あと、皮の裏側のぶよぶよした部分って、コラーゲンが豊富に含まれているらしいですよ。
2015.04.02 会社説明会
先日、地元の会社の説明会に参加した。社員数50名ほどの小さい会社だ。
そこでは、ある事業(具体的に定まっているが伏せておく)を通じてコールセンターやウェブページの作成、顧客情報の管理など、様々な業務を行う。業者とお客さんの仲介を行っているのだ。ビジネスプロセスアウトソーシングという業務形態だ。
実はそもそもこの会社に入社しようと思って参加したのではない。とりあえず地元の企業ということで参加してみて、興味がわいたり大きく惹かれるところがあれば入社を考えようと思ったのだ。残念ながら興味がわくことはなかったが、説明会に参加して惹かれるところはいくつもあった。
会社の設立は2000年で、15期目になる。もともと親会社の部門から独立して立ち上がった会社で、設立時6人のメンバーがいた。普通起業する場合は初期メンバーは1~2人となる。通常よりも人数が多いので、最初の2期は赤字続きだった。しかし、その後は黒字に転じ、右肩上がりの安定した成長を続けている。
立ち上げ当初は、ダイレクトメールを顧客に送るという事業を行っていた。しかし時代は変わる。5年ほど前からウェブページの作成や、Eメールの配信というIT事業に切り替えていった。今では収益の6割ほどを占めている。
なぜそのように事業を切りかえっていったのかは上に書いたとおりだが、ほかにもそのきっかけの一つとなるエピソードを社長自ら語ってくれた(その話は割愛する)。
また、自分の会社に向いていない人は、「ネームバリューのある会社に入って【いい会社に入ったね】と周りから言われたい人」だということもおっしゃっていた。たしかに、大企業に入る人というのは周りからの目を気にしているというのが大いにある。そんなことにとらわれずに、いかに自分がその会社の中で活躍できるかということに重きを置く人は中小企業で働く資格が十分あるということだ。
新入社員の方の話も聞いた。その人は、ある地方銀行からの内定をもらっていたのにもかかわらず、その時アルバイトをしていた会社の社長から直接相談されて、登用されてこの会社に入ったそうだ。それだけ惹かれるものがあったのだろう。
説明会は3時間の予定だったが、会社説明自体は2時間ほどで終わって、後半はグループディスカッションを行った。
会社の人が進行役になり、「あなたはどんな人と働きたいか?」という内容について話し合った。
私は最初、「周りの意見をうのみにせずしっかりの自分の意見を持っている人」と述べた。ほかの人は「周りと同調・協力できる人」、「一緒にいて楽しい人」という意見も出た。私と異なる意見の人や、反対の意見の人がいた。当然だが。
次に、「個人的に考えるのではなく、社会的に考えて――つまりあなたが採用の人だったら、どんな人を雇いたいか?」ということを言われた。そうなると、考え方も違ってくる。最初は、「自分の意見を持つ」という、どちらかというと尖った人をイメージしていたが、この質問内容だと「命令されたら素直に従う人」という丸い人をイメージした。また、「失敗したときに責任をとれる人」ということも述べたら、進行の人に「先ほどおっしゃったこととあわせて考えると、失敗したときはそれは自己責任だ、ということになるのかな。そうなると、あなたは集団で行動するよりも個人で行動するのが向いているのかもしれませんね」と言われた。言われてみると自分が思っている以上にそうなのかもしれないと思った。しかし、社会に出ると集団行動も非常に大切である。ほかの人の意見では、「やる気のある人、積極的に行動できる人」、「ビジョンを共有する人」、「満足しないで貪欲な人」というものがあった。
ほかの人の意見も聞いていると、最終的に、「自分の意見も言うが最終的にはほかの人の意見も取り入れてみんなと合わせることができる人」という考えになった。このグループディスカッションは、ほかの人の意見や、会社の人の意見も聞けて、人間的に成長できたのではないかと思った。

興味のある分野の企業ではなかったが、参加してみて思った以上の収穫があった。(入社を)希望していない会社の説明会に参加するのはもしかしたら失礼かもしれないが、説明会に参加することによってその会社に興味がわいたり、討論会や面接練習といった会社説明以外のイベントがあって非常に得ることが多い経験になると思う。
... 続きを読む