クソゲーを作りました。(じぶんで言っちゃうタイプ)
一応プログラミング専攻人間なので、先生も言ってたし何か自主的にプログラミングでもしようかなと。
DirectXライブラリというライブラリを用いてC(++)言語をベースにプログラミングしました。作りながらコーディングが上達していってます(笑)
バグつぶしもしてあります。が、最後よくわからなくなったので無理やりデバッグしてしまいました。

こちらからどうぞ
これFラン大学生が卒業研究とかにつくってそう、そんなレベルだな…
操作方法などは、やればわかる!(笑)
とりあえずexeファイル実行してください。
ゲームをスタートするとなんかよーわからんのが出てきますが、基本マウス操作でいろんなところカチカチやってれば何かわかるはず!ちなみに規則性などは一切ないのでパズルゲームに見せかけたただのクソゲーです
こんなくそげーに10MB以上費やすなんて・・・
... 続きを読む
2014.11.20 オムライス
ぼくのコンロIHなのですが、IHのくせに’パカフワオムライス’(皿の上で転がって、ナイフで切ると中身が出てくるやつ)造りたいなと予てから思っていました。

上の動画様を参考にすれば作れないことはない!と思って作ってみようとしたのですが…
フライパンにこびりつく!
では、Google先生に訊こう。「フライパン こびりつく

ふむふむ・・・フライパンを温めてから塩で磨けばよいのか…
やってみた。すげえ、復活した!(笑)
オムライス作ってみた。うまく作れた。パカフワとまではいかないが、皿の上で転がるやつだ。
↓それがその時の写真。もうナイフで切った後だが(^-^:

... 続きを読む
2014.11.19 ごはん+油
ごはんにバターをかけて食べると、おいしい。

でもバターは動物性でとりすぎはよくないし、高いので僕はマーガリンを使っている。
外国はラードを使ってるらしい。キモチワリー

台湾や香港には、ラードごはんという家庭料理がある。作り方は、飯の上にラードをたらし、醤をかけてかき回して食べるシンプルなもので、貧しい時代を語る食べ物の代名詞であったが、近年、再評価が進んでいる。wikipediaより)


あっそうだ・・・ ラードで思い出したけど、ラーメン二郎で”背脂”なんていうトッピングがあるらしいです(@_@)スゲー
2014.11.15

香りバトン

Q1 好きな香りを教えて!
A1 ラム酒の香り
Q2 苦手な香りは?
A2 銀杏の香り(これ香じゃなくて匂いだな(笑))
Q3 冬を感じる香りって?
A3 空気がゲレンデの味する(透き通ったような鼻腔を刺激する乾いた空気)
Q4 好きな洗剤・柔軟剤の香りある?
A4 ありますよ~
Q5 この香水の瓶が素敵!というのがあれば教えて!
A5 香水使ったことないんすよー
Q6 この香りを嗅ぐと思い出すこと、というものはありますか?
A6 それぞれの人の家のにおい「家の香り」。久しぶりの実家の匂いはいい。でもしばらくかいでないと忘れてしまう。

このバトンに回答する / 回答した人を見る

もうスキーシーズンですね。

私は、滑るのはもちろんうまいスキーヤーが滑っているのを盛るのも大好きです。そこでうまいスキーヤーにこんなことやってもらいたい!ということで、技術戦でやってほしい種目を(自己満足で)書いていこうと思います(需要ないだろこれ(笑))!

・制限滑降(GS)
最近の技術戦はスピード勝負という要素があります。しかし何でもかんでも早く滑ればいいってもんじゃないでしょう。デモンストレーター選考会も技術選と一緒になってしまってなおさらだと思います。そこで、早く滑る種目と、丁寧に滑る種目を分けた方がいいんじゃないかと思って子の種目を提案しました
ですが、制限滑降は、単に早く滑れるだけではなく、ターン弧を思い通りにコントロールできることが必要とされます。あとやっぱ速いのでかっこいいですね。基礎スキーヤーでもやれるってことを見せつけてやりましょう~
・規制種目
丁寧に滑る種目の方の提案です。それは速度の制限や、ターン数の規制です。20秒かけて斜面を滑り降りる。コースロープによってターン幅を強制するなど(しかしこれは1996~1997年の技術選にかつて存在して、後発の選手は斜面がえぐれて不公平という苦情があった。)
・不整地大回り
今って不整地っていうとみんな小回りしかしないんですけれど、昔はこぶ斜面で大回りとかやってました。中途半端なスキーヤーはこぶ斜面で大回りなんてできませんよ!僕も荒れた斜面で格好良く大回りしようとしていますがなかなかうまくできません。全日本レベルの人たちならきっとできるはずです。颯爽と滑り降りてきて多くの一般スキーヤーを魅了して欲しいです。
・ジャンプ(ゲレンデシュプルング的な)
ジャンプも何でもできるといいと思います。”デモスキー”ですから。しかもただジャンプするだけじゃなくてモーグルのように簡単なトリックとか決めると観客も盛り上がると思います。
... 続きを読む
本屋とか図書館をうろうろしていると、ちょっと興味深い本を見つけて
「おもしろそうだなあ・・・ちょっと勉強してみようかな」
と思う。しかしすぐに
「ま、勉強したからってなんだっていうんだろうな」
と実行する前から心が折れる(笑)
「別にちょっとでも勉強すればその分役に立つでしょうよ!」
って思う人がいるかもしれないけれど、僕はそう思わないようにしている。
仮にある程度勉強したとしよう、じゃあその後どうなるか?役に立つか?
まず証拠がない、自分がそれに相当するだけの知識や実力があるとするならば、それだけの成果や資格が必要だ。
それがなければきわめて抽象的なものとなる。具体的な指標が必要なのだ。
たとえば、文学部卒業の人でいくら数学に詳しいといっても、数学科を卒業している人のほうが数学に関して信頼できる。なぜならば、「数学科」という具体的なフィールドを取得しているからだ。前者は数学に詳しいという’客観的な’証拠がない。
また、英語にかかわる機会が多く英語には自信があるという人よりも、普段英語に触る機会はないが前者よりもTOEICのスコアが優れているという場合、その場で実技試験をして両者を比べない限りやはり後者のほうが優遇される。
このように、客観的なデータ、すなわち資格などを取得することによってその人の「強み」というものがはっきりと明らかになる。
そういった資格などは’ある一定値に到達した’という「証」であるから、その段階に到達することを目指して資格の取得などという本来の目的とは外れたものを目的の一つにしてもよいと考える。
つまり、たとえば「中国語をしゃべれるようになりたい」→「簡単な日常会話ならしゃべれるようになりたい」→「HKS1級を取得しよう」と目的をより具体的なものへシフトさせていくことである。
そこで、最後の目的を大学生にはゆかりある「単位取得」に置き換えてみると、「中国語をしゃべれるようになりたい」→「簡単な日常会話ならしゃべれるようになりたい」→「中国語の単位を取ろう」となる。単位が取れたということは中国語の運用能力がある程度のレベルにまで達したということの指標・証拠なのである。したがって、単位を取ろうという目的は、当初の、中国語である程度コミュニケーションをとれるようになりたいという目的とオーバーラップする部分が大きい。
「皆さんは単位をとるために授業を受けているんですか?」そうでーす

こんにちは!FC2ブログトラックバックテーマ担当石内です。今日のテーマは「あなたのカラダ、堅い?柔らかい?」です。私は自分の腕で縄跳びができるくらい柔らかかったのですがなにも運動をしていないと、さすがに堅くなってきますね…今では、前屈でつま先に手をつけるのがやっとです堅いとケガをしやすくなるよ〜と言われたので最近は、お風呂あがりのストレッチを頑張っていますみなさんのカラダは、堅いほうですか?柔らかいほ...
第1900回 「あなたのカラダ、堅い?柔らかい?」



空手やってる頃(小学生のころ僕は空手をやっていた)はそれなりにやわらかかった(平均以上)んですが、今はもう石ですね。^^;また空手やろうかなー