上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2014.02.26 ski report 11
場所:高鷲スノーパーク
天気:はれ

昨日、高鷲スノーパークに行ってきました。晴れで雪が緩んでいたので僕的には好きな雪質・バーン状況でした。
滑り始めてすぐに足の痛みを感じました。足の裏に違和感を感じ、ブーツを脱いでみるとインナーブーツが左右逆でした\(◎o◎)/!
あと、ポールバーンがあると聞いていたので楽しみにしていたのですが、閉鎖していてテンション
仕方がないのでコブばっか滑ってました。G板(183cm)で。
「コブうまい人だったら、どんなに長い板でも苦にせず滑れるだろう」…そう思っていた時期が、僕にもありました。
しかし!、やっぱ限度っていうものがあってですね(笑)、長すぎはだめだ。174cmくらいがちょうどいいんじゃないかと(適当)。
僕の持論なのですが(やっぱり本当にうまい人は板の長さ関係ないと思う)、昨日僕が滑ったコブは板を結構回さないといけなくて、あの長くて重い板は回すの大変です(^-^; しかも、コブのピッチが板の長さに合っていなくて(当たり前か笑)、無理やり回さなければならないときがあるんです(コブの反動を利用してジャンプターン)。 …疲れますわ。 「じゃあ板あんまり回さなけりゃいいじゃん」っておっしゃる方、いらっしゃるかもしれませんが、もちろん直線的に攻めることもできますが、そうするとどんどん速くなっていって(僕のテクでは)収拾がつかなくなります。板をしっかり回すと疲れる!かといってちょっとでも気を抜くとすぐ直線的な滑りになってしまって収拾がつかなくなる。スピードコントロールは板のまわしこみだけじゃなくて、ベンディングもありますが、やっぱりこれも疲れますわ。今腹筋がとても痛い笑 足だけでコブの吸収ができない場合は、やむを得ず上半身もベンディング(笑)してコブの衝撃を吸収しちゃってますが、これはどうなんでしょう(・・;
あとは急斜面。高鷲の一番急な斜面の角度は最大40度!めっちゃスピードでますやん!エッジを無理やり立てて、ふるかーびんぐで滑るのも気持ちいいですが、自分のコントロールできる限界を超えたスピードで滑ってしまっているので、バランスを崩したり板が引っかかったりして転ぶのを恐れてあまり深回りできません。これでは点数が出ません(別に点数目的で滑ってるわけじゃないけど(・・;)。こういった急斜面でスピードコントロールする場合は、「谷回り」を利用することです。 ターンの導入で板を意図的にずらしましょう。つまり、エッジを立てずに板を外に”押し込む”(←ここの表現は説明しにくい)のです。今回のソチオリンピックのGSでめっちゃ急なところがありましたよね、そこではみんなカービングではなく、このようなずらしを伴う旋回を利用していました。
参考動画 これは大げさすぎますが。
ターンの後半の山周りでは、エッジングを決めてスキーのたわみを利用してターンしましょう。
スポンサーサイト
DSC_0011.jpg
2/14-18
北志賀高原xjamスキー場
5日間ほぼ雪が降っていたので、パウダースノーを楽しみました。2~4日目は雪が重かったので板がずぶずぶ潜っていきましたが…(^-^;最終日は軽い雪、まさにパウダーで、滑っているときに雪が自分にかかってくるのさえ気持ちよかった。
パウダーの時はポジションを後ろにして板のトップが刺さらないようにするといいですよ!雪が柔らかくスピードが出にくいので前後のポジションは多少くるってもリカバリー可能です とりあえず斜面状況があまりよろしくないときは後傾にするといいです。あとはいつもよりポジションを高くしましょう。とりあえず疲れにくくなります。あとはそれに加えて上下動を利用するとターンがしやすくなります。あとはターン弧を浅くする。深回りしようと無理に曲がるとバランスを崩しやすく、またターンによって失速しつまんなくなります(笑)。減速してきたら落差をとったターンをしましょう。

逆にコブがほとんど滑れませんでした。私がへたくそだからではなく、コブ自体(雪に埋もってしまって)なかったからです。
あとハードパックなバーンも滑れず、スピードを出し傾けて滑ることもできなかったのもちょっと残念です。まぁパウダースノーを存分に堪能できたので良しとしますか!♪

技術選で連続写真を撮ってもらった時に、大回りの左ターンと右ターンのシルエットが左右対称でなかったので揃えました。そしたら上半身の動きが結構うるさくなってしまった(笑)

それから、ストック折りました(;_;)今シーズン何本目だ…
... 続きを読む
2014.02.02 ski report 9
unok.png
@ほおのき
今回は、技術選に出場するためにテスト期間中にもかかわらず3日間修業を積んでまいりました!
1/31(金)
天候:ふつう
明日開かれる技術選のために、前日入りして最終調整を行いましたが、大回りについていま一つの状態で終わってしまいました。
2/1
天候:晴れ
大回り① 234
コース幅が狭かったので、今シーズン購入したフィッシャーのデモ用のショート板で滑走しましたが、板の長さが足りないのと斜面状況がいまいちよくなかったのでノッキングしてしまいました。まぁ踏み方がおかしいってのがありますが。ロング板で滑ればもうちょっと点が出たと思います。
大回り② 239
こっちはロング板で滑りました。左ターンが流されていまいちでしたが、79 80 80 79 81で239でした。79 80 80 80 80だったら240だったのに、惜しい。
小回り 238
ただ降りてくるだけでは面白くないので、途中でクイック(山田スペシャル?)を入れて滑りました。特にミスもなく自分では満足のいくすべりだと思いましたが点は今一つ伸びず。
コブ 234
コブというよりバンクですね。午前中全くできていなかったので選手が急いで作ったら結構彫れてしまいました。最初結構深かったのでゆっくり行きましたが、それを抜けてちょっと気が抜けた時、転倒してしまい結構減点されてしまいました。緊張のせいだと思って大会終了後すべり直(リベンジ)してみましたが、再挑戦のほうがボロボロでした (^-^;ヤベエコブスベレナクナッテル
2/2
天候:雨
予選落ちしましたので、うまい人の滑りを見てました。どうでもいいけど雨で結構冷たかったです。招待選手に石水夫妻と貴雄デモが来ましたが、石水夫婦はやっぱりすべりが似ますね(笑)(特に小回りなんかは)キュッキュッキュっというキレのある滑り。一方貴雄さんは流れるような滑らかな印象を受けました。
コブが滑れなくなっていることにショックを受けたので、昔の感覚で滑ったら、いけました笑
でもストックを突くと、もともとストックワークの悪い私の悪いところが露呈します。しかし、コブでは突かないわけにはいかないので、練習したいです。デモの前走もそうですが、小回りがただ単に大回りの幅を狭めたような印象は受けなかった。若干ウェーデルンっぽくなってる。ウェーデルンストックしっかり突くし。じゃあ、ウェーデルンやるか(笑)。そうすればストックワークも改善されるでしょう笑。なお、今の私のショートターンは上のように大回りを小さくしたもの、として考えているのでストックはつかない(おく)で滑っていますが、それ+ウェーデルン、と2種類できるといいかもしれません。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。