きのう書いた記事について、結果が僕の予想と違った。
僕の認識が違っていたのだということに気付いたので、新たな条件下で再度検証したいと思う。
前提条件)カードの山からあるカードを取り出して、の色が赤であるか、黒であるかを予測するゲーム。山札の中に入っている赤のカードと黒のカードの比率は、1:1とする。1回勝負するごとに取り出したカードは山札に戻す。但し、あたったカードが赤だった場合、得点p、黒だった場合は得点qを加算する。
問題提起)上記条件で、予測する色の回答比率をどのようにすれば、統計上もっとも勝利するか?
予想)得点に比率がついている場合は、赤であると回答する回数:黒であると回答する回数=p:qとすればもっとも得点が高いということを数学の授業で習った。これは確かなはずだ。
実測)上記条件で回答比率を赤:黒=n:1-nとして、nn∈[0,1]で自由に動かして、n=p/(p+q)のときもっとも得点が高いということをシミュレーションによって示す。
確認方法)具体的な数値を代入して確認する。p=2,q=1とする。
まずn=0のとき、つまりすべて黒が出ると予測した場合で100回勝負し、勝利回数を記録する。そのあと、n=0.01として100回勝負し、勝利回数を記録する。n=1になるまで0.01刻みで同様のことをする。最後に、横軸:n,縦軸勝利回数でヒストグラムを作成する。
いずれの場合もn=p/(p+q)、つまり1/3のときに勝利回数が最大を迎えることを確認する。
確認結果)次の通りとなった。(横軸の単位は%。)
aho_20170910163816f45.png 
結論)またもや予想とは違った。上のグラフによると、赤だと予想する割合を増やせば増やすほど、より多くの得点を取得できることを意味している。つまり、確率が同じであったら少しでも得点の高いほうを選び続ければよい、ということになる。それにしても僕が数学の授業で受けた前提条件はどのようなものだったのだろうか…
2017.09.09 確率?の話
先日カジノに行って、ブラックジャックをやった。
ブラックジャックとは、トランプの数字の合計が21を超えないようにしつつ近づけるゲーム。
ゲームを有利に進めるうえでストラテジーというものを把握しておく必要がある。
この数字の時はヒット/スタンドしたほうが統計的に有利、というものだ。
例えば手持ちの数が15のとき、次来るカードが1~6の場合は21に近づくが、7~13の場合はバーストしてしまう。8/13の確率で負けてしまうわけだから、ここはスタンドしておいた方が得策というわけだ。
しかしいっつもいっつもスタンドしておいた方が得策なのか?と思ってしまった。
数学的に考えれば、5/13の確率で負けないわけだから、いつもスタンドしていたらその勝利する可能性を捨ててしまうことになる。
では、どのような比率でヒット/スタンドすればよいのか。
この疑問に取り組むために、ある簡易的なモデルに対してシミュレーションを与えることを思い付いた。
... 続きを読む


FC2トラックバックテーマ 第2110回 「英語以外で何語を勉強したいですか?」



中国語ですね。
大学時代、1年間だけ第2外国語として中国語の授業を受けていました。
他にもロシア語、ドイツ語、フランス語、韓国語、スペイン語がありました。
僕は、中国語を希望していました。
international-langugageは英語ですが、中国語は、世界で一番話されている言語です。
英語に加えて、中国語も習得すれば、世界の半分の人と意思疎通が図れることになるのです。
... 続きを読む
2015.12.16 ムペンバ効果
おじいちゃんつながりでもう1個思い出した。
あるひおじいちゃんちにいくと、切り抜いた新聞記事をみせて「これすごいぞ」と言ってきた。
(その当時)普段新聞を読まなかったけれどしっかり読んだ(確か読売新聞だった気がする、どうでもいいか)。

インドかどっかの学生が,発見したそうで,その人の名前を取って「ムペンバ効果」と呼ぶ。
どういう効果かというと、お湯の方が水よりも速く凍るというのだ。(常に成り立つわけではないらしい)

たしかに「これすごいぞ」と思った。NHKのためしてガッテンでも検証してたらしいですね
おじいちゃんがこれを通してどんなことを伝えたかったのかは忘れてしまいました^^;
... 続きを読む
2015.11.10 答え合わせ
いつしか出した問題の答えを発表します。

以下は一例です。もしぼくの答えよりも賢いと思ったものがあったら教えてください^^
... 続きを読む