昨日に引き続きスキーの記事書いていこうと思います。

急斜面では、
①足をあまり外側に出さずに、
②(骨盤の真下に足があるようなイメージで、)
③常にブーツのすねの部分に圧をかけながら、
④前傾姿勢で、
⑤スキーのトップを抑えて
⑥骨盤で足をがっちり固めて
⑦外足荷重で滑る
と非常に安定します。

さて、2回目のGSの大会について書こうと思います。
この大会は、レーシングチームに入っている小学生がすごく多い大会でした。もちろん競技は年齢別に行われましたが。
エントリーフィーは、2本勝負で、3000円です。まぁ1本勝負の大会よりはおかな
20代は、4人しかいませんでした。そして1本目でそのうちの一人が転倒です。僕がいくら遅いとはいえ、入賞確実になってしまいました^^;実質ビリッケツなのに表彰台に立ててしまったことが恥ずかしかったです。写真に取られたくないので賞状をもらったらそそくさとその場を去りました。
でも、タイム差は1位と+10秒くらいの差でした。1本あたり5秒差ということになります。僕目線で言ったら、まあまあかなと思いました(30秒位はなされるかと思ったので、、、)。
斜面状況はすごい急な斜面(一応中級コースとは書いてあったけどスキー場の中で一番急なんじゃないかと思った)にポールがセットされていて、インスペクションの時点でチョービビってしまって「前半ずらしでポールに入っていこう」と思ってました。しかし、いざ本番で滑ってみると雪が緩んできてて思ったよりスピードが出ず、いまいち攻め切れない形で滑ってしまいました。。

いつも大会だと緊張してしまって自分の力を開放できないのですが(逆にそれがむしろ慎重さを生み出して良いのかもしれないが)、緊張しても攻めきれるようなメンタルを持てるようになりたいですね!
随分前のことなんですが(2ヶ月位前)、最近スキーネタで書いてないなと思い(そもそも記事自体更新頻度が減ってきたm(__)m)、思い出して書くことにしました。

某スキー場でGSの大会をやっているとの事だったので、出場することにしました。僕は今年から競技スキーを再開してみようかなと思っていたところでした(高校では弱小スキー部でキャプテンをやってました。大学は基礎)。

そういえば今シーズンはGSの大会には②回出たので、1回ずつ分けて(もったいぶって)書こうと思います。

1つ目に出場した大会は、30代〜70代までの老若男女300名余が出場するビッグな大会。代表として選ばれた(そもそも若い世代のスキーヤーが見つからないらしく、スカウトされて予選免除で出場させてもらった←高校時代に似るものがある)僕は、30代以下の部門で出場することになった。もちろん年寄りから実施されるので、我らが若い世代は一番最後の順番。コースが掘れに掘れまくってボブスレーみたいになってましたw
出場者一覧を見たら、なにやら見たことあるような名前が。高校時代戦ったライバル(当然向こうからはライバル扱いされてません)の名前がありました。もちろん今もダントツで速かったですね
2017.02.27 板組んでみた
「PC組んでみた」みたいなタイトリになってますが・・・まぁそんな感じです(笑)
SLに出れるような短い板がなかったので、購入することにしました。
予算は5万円以下。できれば2万円台で収めたいところだったので、ヤフオクでレーシング板をサーチしてました。
メーカはストックに合わせてハートを狙いました(ストック安物のDIVAだけど・・・)。
すると、ビンなしプレート付きinfinity I5.2Sを発見!10000万円で出品されており、状態もそんなに悪くなさそうだったので、購入することにしました。

ちょうどこのモデルですねー

届いたものを確認しましたが、まあ中古だからエッジは多少のさび、削れがありました。でもチューナップで直る程度に軽いものです。早速スキーショップに持って行ってチューンなっぷを依頼。同時にビンディングを探しましたが、解放値が10までのしょぼいものしかありませんでした(自分的には解放値は12に設定したい)。しかも7000円もする。
というわけでビンディングもヤフオクで購入することにしました。解放値5-14まで設定できるLOOKのターンテーブルで、4200円。お得ですね!
取り付けも自分で行いました。しかしねじが全然しまっていきません。プラスドライバーで力を込めて押しまわそうとするのですがなかなかまわりません。オートドライバーをトンカチでたたいて回そうとしても無理でした。
しらべると、スキーの金具には「PZ規格」というねじを使っていて、「ポジドライバー」をいうものを使わなければならないそうです。見た目はプラスドライバーと同じだけれど、なんか彫りが深くなっているらしいですよ!?
「そんなドライバー買えただけでねじ回るんかいなーホンマかいなー」と半信半疑になりながらホームセンターへ赴き購入。1600円でした。そのドライバーで回してみたら、おお回る回る!さっきまで苦しんでいたのがウソみたいです。

ねじの形状にあったドライバーを選ぶだけで、こんなに違うんですねーと実感しました。
肝心の履き心地は、実はまだはいていないので、明日試しに行きます!
2016.12.12 初滑り
先週、たんばらスノーパークにスキーに行きました。
ここのスキー場は、オフシーズンはラベンダー畑をやっており、結構おしゃれですよ✨(随分昔に行ったきりだけど😅)
まだ雪も少なく1コースしかオープンしてなくて、一番下の初級コースは雪が全くついていませんでした。リフトに乗って、上のコースを目指します。
朝一は固くてスピードが出ましたが、10時くらいから早速雪が緩んできました。でも少し緩んだくらいが僕的には好きなコンディションです。切って滑れるしずらしてもOK。安い板でも雪が柔らかいので思い通りに気持ちよく滑れます。
しかし、体調的にはイマイチ😢。朝ごはんはほとんど食べられず、昼ごはんも一番あっさりの醤油ラーメンの油を気にしながら食べました。休憩すると体が熱くてたまりません。埒が明かないのでゲレンデに出ると気合が入り(?)なんとなく回復します。
家について体温を測ってみると、熱が38度もありました!😂体調が悪い時は睡眠だ!この持論を展開する私は、そうとわかるとすぐにねました。12時間睡眠後、おかげで翌朝はなんとか会社に行けました😅
そういえばスキーブーツ買ったのです。10月に。たしか。
大学1年生のときに買ったブーツのインナーがもうよれよれになってしまったので、さすがに新しいのを買わねばと思い、お茶の水に行って選びに行きました。
どんなジャンルのブーツがいいかなと思ったのですが、競技用のガチガチのやつじゃなく、もうちょっと落ち着いたやわい奴にしました。
ウォークモード付きの山スキー用のブーツです。レクザムの、堅さ120のニューモデル。定価80000万近くする代物を、40%引きの45000円で購入させていただきました☆