上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
自殺。毎年一定数を記録する。生物的にはしょうがないのかもしれない。だが少しでも減らすには?
こんな法律を立てればよいのではないか?と、昨日寝るときにふと思いつきました。
自殺に対して、罰則を作るのです。自殺とは、自分を殺すことです。殺しはもちろん犯罪です。だから罰則を作らなければならない。
はぁ?もう死んじゃってるんだから罰の与えようがないじゃない。そう思われるかもしれません。しかし罰を与える対象は、自殺者ではなく、その遺族なのです。
そうすれば、「もうこんな世の中嫌だ」と自殺しようとするときに、「俺が自殺したら、回りに迷惑がかかる」と思いとどまるかもしれません。

そんなわけないか^^;
スポンサーサイト
人間を滅ぼすことはないと思う。
よく言われていることで、「いつかコンピュータが人間より賢くなると、映画のターミネーターの用に人間を滅ぼしにかかるかもしれない」と言うことがある。でも、僕はそんなことはないと考えている。

「人間を滅ぼさない」と思った理由は一言で言えば、「コンピュータ自体が目的を持つことはない(と思った)から」だ。
人間をはじめとする生き物は、「種として永く永く繁栄する」ために生きている。これは本能的に生まれもったもので、理由があるとかそういうものではない。我々がしていることは、すべてこのためであるといってよい。
しかし、コンピュータがとてつもなく賢くなったところでコンピュータ自体が目指すものとはどういうことになるのだろう。コンピュータが極めて合理的になるのならば、何事にもある根拠や理由に基づいて動作するはずである。しかし、我々生物の「種として生きつづける」という目的は、「何のためにしているのか」、また「それを果たしたらどのようなメリットがあるのか」といったものがない。本能というものがないコンピュータが果たしてこれを目的として動作するのかということである。コンピュータは外部(人間)から目標や目的を与えられることによって、それを目指すためにはものすごく効率的に処理を行うものであって、それがなければただの箱になってしまうのでは、というのが、私の考えです。

ただ、コンピュータが人間を支配するというのは、あるかもしれない。
いずれコンピュータは人間よりも賢くなるといわれているので、人間がある物事の判断に迷ったとき、コンピュータに判断を委ねたら、それは「コンピュータに支配されている」と言えるのではないか。
1か月以上更新しなかったら広告が出てしまいました…新しく記事を書いて広告を消さねば…

でもネタがない…どうしよう…

そうだ、せっかくだから、「広告」をテーマに記事を書こう。
... 続きを読む
2016.01.09 看板
結構すごい(偉い)人と話す機会がある時に,負け惜しみ的にこう思うことがあります。
例えば大学教授がなにか話してるとき…
あの人から,もし、教授という肩書きをとってしまったら、ただの機械に詳しいおじさんなんだろうな・・・^^;
と。
会社の社長や政治家だって、その”社長”や”なんとか大臣”という看板を取ってしまったら,ただの”おじさん”です
そう思うと「何だぁ,自分とあんまり変わらないんじゃん」ていう感じがして,幾分楽になるかも(笑)

逆に、街を歩いている通りすがりの人が,もしかしたらめっちゃ金持ちとかめっちゃ権力者だったりするのかもしれません
努力は裏切らないなんて本当?
「努力は裏切らない」
「1%の才能と99%の努力」
「努力をした分だけ成功に近づく」
とよくいいますが、これらに素直にしたがうべきではないと考えます。つまり、
努力は期待する成果に対して必要な分だけしなさい
ということです。

努力よりも結果がすべて
たとえば、何か資格をとるために勉強をしたとします。
Aくんは3ヶ月間毎日10時間、継続して勉強しました。
Bくんは2週間で毎日2時間程度勉強しました。
その結果、Aくんは試験で満点をとることができました。
Bくんは合格ラインギリギリでした。
しかし、結果には合否しか記載されません。点数は表示されません。すると、満点をとろうが合格ギリギリだろうが,受かれば同じだということになります。したがって、Aくんは無駄に勉強したことになる。3ヶ月間も、しかも毎日10時間も勉強する必要はあったのだろうか・・・
これはかなり端的な例でしたが、多くの場合往々にしてこのケースに当てはまります。世間から客観的に評価されるのは資格をもっているかどうか──つまり結果を出したか──どうかであって,勉強をたくさんしたか──つまり努力をたくさんしたか──どうかではないのです。

努力の仕方
別の例を出しましょう。Cくんは俳優のオーディションに受かるべく与えられた台詞をひたすら復唱し,暗記してつまらずにすらすらと喋れるようになるまで努力しました。しかし、結果は落選でした。Cくんには演技力が足りなかったのです。台詞を覚えることだけではなく、演技力の向上を図った練習も必要でした。このように、努力の仕方を間違えると、いくら努力しても結果が出せないことがあります。

天才の努力
よく天才型といわれる人がいますが、その人は努力の仕方がうまいのです。もっとも効率のよい方法で,必要最小限の努力しかしないので,まわりの人に比べたら努力が少ないように見えるのです。逆に,努力の仕方が下手だといくら努力しても物事は向上しません。

必要な努力を分析する
がむしゃらに努力する,と言うのも,あまり賢い方法とは言えません。たとえそれで結果が実ったとしても,努力したようその中で結果に結びつかなかったものもあるはずです。そしたらその分無駄ということになります。理想的なのは,明確な目標を定めて,その目標を達成するには何が必要なのか分析して,その分析を元にどのような努力を行ったらよいのか考えてから努力する,と言うことです。
たとえば、ただ単に「テニスがうまくなりたい」と思うよりも、「大会でベスト4に入りたい」と思って努力した方が,モチベーションもその具体性から高まり,目標を達成するための努力もただ単にがむしゃらにテニスに励むのから上位選手の長所や弱点を分析しそれに応じた練習を行うというように効率的な練習が期待できます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。