中之条地区にやってきた。こちらは高速道路がとおっていないので県民である私もなかなか行く機会がない。一回野反湖に行ってみたく、その帰り道に今回の温泉にDSC_0030.jpg 寄り道したというわけだ。(上記写真は野反湖)

カーナビを頼りに、尻焼温泉付近に到着。駐車場らしきところに止めると、近くでキャンプっぽいことをしているおじさんがいて、「尻焼温泉かい?それなら200m先だよ。川全体が温泉だから」と言われ、言われるままに先に進んでみた。
「川全体が温泉」と言っていたが、本当か?ちょっとわくわくしながら進んでいくと、すっぽんぽんの人が何人か川に浸かっているではないか。しかし湯気は出ていないので、そんなに熱くはないと予想。
私もすっぽんぽんになり、川に向かう。上の道路からのぞいている人がいるがそんなことは気に留めず。ここ以外でやっていたら平気で公然猥褻だ。
予想に反して川に入ると熱かった。しかも川なので苔が生えていて慌てると滑る。結構気を使う。しかし浴槽は川なので、かなり広い。推進も深いところがあるので、泳いで遊べる。
(wikipediaより拝借)
川の底から湯が噴出しているので、熱いところとちょうど良いところがある。泳ぎながら探すのがみそだ。

結論として、川自体が温泉となっているインパクトは絶大だ。その雰囲気だけで30分は満喫できると思う。一方で、やはり川なので川臭さはある。温泉に入った廃位が、うちに帰ってから改めてもう一回はいる様だろう。

年に数回赤城山に行くのだが、「裏赤城」と呼ばれるルートの途中に、どうも気になる看板を発見した。
白地に赤字、なんとも渋い文字で「赤城温泉」と書いてある。これは寄らないわけには行かないだろう。
ということで行ってみることにした。
奥に進むと車が何台か止められるスペースがあった。

ここに車を止め、奥に進んでいくとこんな感じの街並み?になった。
画像を拝借させていただきました。
半分くらい廃墟になっている。廃墟好きにはたまらないだろう。すこしうろついてみたが中にはいるのはやめておいた
僕は一番奥を目指して進んだ。
画像を拝借させていただきました
正面になんかものすごくいい雰囲気の、旅館があったが、僕は手前に見える階段を降りていった。
中に入ると、フロントには誰もいないようだ。あたりをキョロキョロしながら進んでいくと、一人のおじさんがテーブルをガサゴソしていた。「多分スタッフじゃないな」と思い、一瞥してから先に進むと、「なんか御用ですか」とおじさんに言われた。「あ、これ多分スタッフだ」と思い直し、「日帰り温泉に入りたいんですけど」と言って600円を払い、風呂に進むことにした。
中は浴槽が2つあり、シャワーが2基設置されていた。おお、秘湯感あふれる!
お湯は源泉かけ流しとなっており、お湯がひっきりなしに浴槽から飛び出る。外には滝が流れており、浴槽から溢れたお湯たちはやがて場外の滝に飲み込まれていく。
うわさでは湯温によっては湯船が白く濁り、水面に薄い膜が張るらしいのだが、残念ながら僕が行ったときはそれは確認することはできなかった。
あとは、匂いが特徴的だった。僕が認識する一般的な温泉の匂いは、硫黄の匂いなのだが、赤城の温泉の匂いは、おじさんのたくわんのような匂いだった。硫黄と同じか。
小一時間入っていても他に誰も人が来なかったので(午前中だったからというのもあるかも知れない)、のんびりと浸かることができた。
... 続きを読む
先週名古屋に出張に行ってきて、やっすいビジホにとまった。当然風呂なんてついてない。しょうがない風呂屋でも探すか。すると見つけた。なんだこのただならぬ雰囲気は!ドリフに出てくる銭湯そのものではないか!
玄関で靴を脱ぎ、カラカラと戸を開けると、番台さん(おばさん)がいた。台の上に座ってテレビを見ていた。僕を一瞥するなり「420円です」と。まあ普通の価格だな。するとおばちゃんに「シャンプーはありますか?」と訊かれた。おばちゃんよ。こういう味のある銭湯はシャンプーなど置いてないことは承知しているのだよ(近くの薬局で買っておいた)。ちなみにすぐ脱衣所なので、番台から丸見えとなる。別にいいけど。
中に入るとタイル張りされた浴場があった。シャワーや蛇口は寿司屋のお湯が出るところみたいになっていて、すごく味があった。お客さんはヤンキーっぽいお兄さんが2人いて、途中からおじさんが参加してきた。
湯加減は、僕にとってはちょっと熱すぎた。しかし昭和の銭湯というのはこうでなくっちゃ。なんとか我慢して入っているうちに、いい心持になってきた。しかしそれが続くのも物の数分で、やっぱり熱いとなり、そそくさと湯船から上がった。
便のコーラが100円で売っていたので、思わず購入。棚に置いてある漫画(これもやはり昭和ぽかった。でも漫画の置いてある銭湯になら100%あるといっても過言ではないテルマエ・ロマエだけ平成の読み物だ。)を読みながら優雅なひとときを過ごした。
こんばんは。

ある日Youtubeを見ていたら、こんな動画に出会いました。(動画の方は、お笑い芸人のスバル奥野さんという方です。)

表面が剥げた革靴を、磨いて修繕(レストア?)するというものでした。
レストア好きの私には、興味をそそられる内容でした。
「それじゃあ、僕も一丁やってみるか!」となり、とりあえず通勤用に使っている(私の会社の人は通勤にどうでもいい靴を履いてくることが多い)Hawkinsの靴(デッキシューズ)を磨いてみることにしました。5年くらい前に買った靴で、上の動画(までは行かないが)と同じく塗装?が剥げています。しかもすごく臭い(今回は関係ないが)。穴があくまではいたら捨てようと思っていた靴でした。
↑こんな感じの靴。今は全く同じものは打っていないけど、おそらくこちらのモデルと同じシリーズのものだと思う。だから一応革素材(おそらく)
... 続きを読む
今ぴょんちゃんパラリンピックやっていますが、見ていてすごいなあと思うことは、
よく障碍者向けの種目を思い付くなあというところです。

例えばスラローム。マラソンの同伴みたいに選手の前に先導に人が滑って、その後に続けて滑る。
まず音だけを頼りにポールにあたっていけるのが神業的だ。あとはもし先導の人がミスって転んでしまったら?危な。
それに選手が絶対後に走らなければいけない、という点で、選手の力を100%発揮できない。(盲人マラソンも同じ)

でも事故などで障害が残ったとしても、スポーツをやる望みをつないでくれるという点では、大いに貢献してると思います。目が見えない、下半身が動かないなどのレギュレーション?がある中で、如何種目に適応させるか?よく考えられていると思う。